既存IT資産を生き返らせる全社データ統合 セミナー

IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/05/01

既存IT資産を生き返らせる全社データ統合 セミナー


SAS Institute Japan


 既存IT資産を生き返らせる全社データ統合 セミナー のセミナー概要  既存IT資産を生き返らせる全社データ統合 セミナー の申込み



開催日時

2009年5月26日(火) 14:00〜16:30|申込み締切 2009年5月22日(金)
会  場 SAS Institute Japan株式会社 東京オフィス
東京都中央区勝どき1-13-1 イヌイビル・カチドキ 8F
大江戸線 勝どき駅 徒歩7分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用

会員限定で「 既存IT資産を生き返らせる全社データ統合 セミナー 」の続きが読めます

既存IT資産を生き返らせる全社データ統合 セミナー 」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「 既存IT資産を生き返らせる全社データ統合 セミナー 」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

Excelをドラッグ&ドロップで分析開始!BIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】
BI BI BI
専用クライアント不要。ブラウザベースで「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え分析結果を組織内で自由に共有することが可能。 BI導入で情シスに分析依頼が殺到……とは無縁の楽々分析ツール 1回の操作勉強会だけでデータ活用が活発化、成功例に学ぶBIツール導入

「BI」関連の特集


業務や経営に役立つ大量のデータを保存していながらも、これらのデータを寝かせている企業は以外と多いよう…



セルフサービスBIはどんな場面で活躍するのだろうか? 想定されるシーンを例にメリットを紹介。Exce…



 心の「機微」を読み取るという意味で名付けられたKIBITは、少ない教師データで人間の「あやしい」と…


「BI」関連のセミナー

Let's Start Microsoft Power BI 【大塚商会】  

開催日 2月16日(金),3月16日(金)   開催地 大阪府   参加費 有料 2万7000円(税込)

【研修コースの目的】マイクロソフトが提供するPower BIを利用して社内データ視覚化などBI(ビジネスインテリジェンス)を始められる方が、無償ツールのPowe…

BIツール・BOARD体験セミナー 【日本ラッド】  

開催日 3月29日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

初めてBIツールを検討される方へ求めているBIツールが見つからない方へ既存のBIツールにご満足されていない方へBIツール・BOARDを使って、もっと自由に!もっ…

日本初開催! 次世代統合型BI「Sisense」Day@神田 【グランバレイ/Sisense Japan】  

開催日 3月8日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

デジタル・トランスフォーメーションとは、業務や情報のやり取りを、最新のBI・クラウド・IoT・AI・ブロックチェーンといった新たな技術を用いて、高速化・効率化す…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

既存IT資産を生き返らせる全社データ統合 セミナー 」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「 既存IT資産を生き返らせる全社データ統合 セミナー 」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50025345


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ