仮想環境の運用支援JP1システム統合管理・稼働管理

IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/04/28

仮想環境の運用支援JP1システム統合管理・稼働管理


日立製作所


仮想環境の運用支援JP1システム統合管理・稼働管理のセミナー概要 仮想環境の運用支援JP1システム統合管理・稼働管理の申込み



開催日時

2009年5月28日(木)|申込み締切 2009年5月25日(月)
会  場 品川イーストワンタワー13Fハーモニアス・コンピテンス・センター
東京都港区港南2-16-1
※JR品川駅・中央改札口より徒歩約4分、京浜急行品川駅・高輪口より徒歩約5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括

会員限定で「仮想環境の運用支援JP1システム統合管理・稼働管理」の続きが読めます

仮想環境の運用支援JP1システム統合管理・稼働管理」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「仮想環境の運用支援JP1システム統合管理・稼働管理」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

インテル Xeonプロセッサー E5-2600 v4製品ファミリー 【インテル】 従来の手法は通用しない? Windows 10を最大限に活かす“プラスワン”とは? 【ヴイエムウェア株式会社】 オンプレミスのITリソースも最適化、新たな「ハイブリッドインフラ」の形とは? 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
データセンター変革を実現する技術とは? 2wayサーバ向けプロセッサを徹底解剖 従来の手法は通用しない? Windows 10を最大限に活かす“プラスワン”とは? オンプレミスのITリソースも最適化、新たな「ハイブリッドインフラ」の形とは?

「統合運用管理」関連の特集


仮想化やクラウド利用の広がり、スマホやタブレットなどデバイスの多様化…。今、それぞれの環境と既存シス…



ユーザ企業のIT担当者322人を対象に「統合運用管理ツールの導入状況」の調査を実施。同ツールの導入実…



日本のIT運用管理は今、何をどう変えるべきでしょうか。ITILを元にヘルプデスクに注目して今後目指す…


「統合運用管理」関連のセミナー

ハイブリッドクラウドの運用、管理者の残業を減らす仕組みとは 【テクラス/ゾーホージャパン】 注目 

開催日 5月24日(水),7月13日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

いつの時代も情報システム部門は日々多くのタスクに追われています。テクノロジーの進歩や会社の成長に合わせて、専門として習得しなくてはならない範囲も拡大し、難易度は…

【札幌開催】OSSの統合監視ツール「Zabbix」の紹介 【主催:オープンソース活用研究所】 注目 

開催日 7月19日(水)   開催地 北海道   参加費 無料

【OSSの統合監視ツール「Zabbix」とは】Zabbix(ザビックス)とは、オープンソースの統合監視ツールです。サーバ/ネットワーク/アプリケーションなどを高…

運用改善事例セミナー 【野村総合研究所】 注目 

開催日 7月19日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ITシステムは所有から利用への流れが加速しています。運用部隊においては、システムを受け入れて安定運用するという役割が更に深化し、より積極的なITサービスマネジメ…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

仮想環境の運用支援JP1システム統合管理・稼働管理」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「仮想環境の運用支援JP1システム統合管理・稼働管理」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50025285


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ