IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/04/23

運用管理ツール活用セミナー


野村総合研究所


運用管理ツール活用セミナーのセミナー概要 運用管理ツール活用セミナーのプログラム 運用管理ツール活用セミナーの申込み



開催日時

2009年5月19日(火) 12:00〜14:00|申込み締切 2009年5月18日(月)
会  場 野村総合研究所 丸の内総合センター(本社)9F
東京都千代田区丸の内1-6-5
JR東京駅 丸の内北口より徒歩2分
地下鉄東西線 大手町駅 徒歩2分
地下鉄丸の内線 東京駅 徒歩3分
地下鉄半蔵門線 大手町駅 徒歩6分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用

会員限定で「運用管理ツール活用セミナー」の続きが読めます

運用管理ツール活用セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「運用管理ツール活用セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

Senju DevOperation Conductor 【野村総合研究所】 仮想化インフラの一元管理を支援する「Red Hat Satellite」 【サイオステクノロジー株式会社】 BCPの復元力を検証する「レジリエンシーフレームワーク」とは? 【日本アイ・ビー・エム】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
「見やすく」「使いやすい」運用管理ツール。5つのサブシステムで構成され、システム全体の可視化と運用自動化を統一されたインターフェースで一元的に行える。 「クラウド指向」の影と希望 運用管理とセキュリティ対策を考える 地震、雷、火事、情シス――災害対策は検証して初めて役に立つ

「統合運用管理」関連の特集


1310億円規模と見込まれる2014年度の国内統合運用管理ツール市場。早期からオープン化に対応し、シ…



話題のITILをサポートできる、統合運用管理ツール。ITILとの関連性を3分で押さえましょう!



クラウドコンピューティングの進展やフラッシュストレージなど新たなストレージの台頭により、ストレージ環…


「統合運用管理」関連のセミナー

国内トップシェア製品(※)JP1の提案や見積もりのコツ! 【主催:アシスト】  

開催日 1月26日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

システムに欠かせない運用管理製品 JP1 を皆様の武器に、ご提案のメリットとそのノウハウをご紹介運用業務を実現するために国内の多くのユーザ企業がJP1を選んでい…

ITサービスマネジメント(ITILファンデーション)速習研修 【IT&ストラテジーコンサルティング】  

開催日 10月17日(月),11月19日(土),11月22日(火),12月12日(月)   開催地 東京都   参加費 有料 7万5600円(税込)

本研修は日々の業務等にお忙しく2日間の研修を受講される時間の都合がつかない方を対象に、ワークブックによる自習+1日の座学研修をお受けいただき、ITI ファンデー…

【開発者への個別相談可!】JP1/AJS3活用セミナー 【日立インフォメーションアカデミー】 締切間近 

開催日 12月16日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

業務システムに関して、こんなお悩みやご要望はありませんか?●多様化する業務を自動化し、担当者の負担を軽減したい●ジョブ運用の問題や課題を解決したい●ジョブの追加…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

運用管理ツール活用セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「運用管理ツール活用セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50025195


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ