今こそ見直そう 不況に負けない人事改革

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/04/18

今こそ見直そう 不況に負けない人事改革


アクセンチュア/日本オラクル


今こそ見直そう 不況に負けない人事改革のセミナー概要 今こそ見直そう 不況に負けない人事改革の申込み



開催日時

2009年5月22日(金) 14:00〜17:00|申込み締切 2009年5月21日(木)
会  場 日本オラクル株式会社 本社13F セミナールーム
東京都港区北青山2-5-8 オラクル青山センター
・地下鉄銀座線 外苑前駅 4B出口より接続
・地下鉄銀座線・半蔵門線・大江戸線 青山一丁目駅より 徒歩9分
・地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線 表参道駅より 徒歩10分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

80名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|その他

会員限定で「今こそ見直そう 不況に負けない人事改革」の続きが読めます

今こそ見直そう 不況に負けない人事改革」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「今こそ見直そう 不況に負けない人事改革」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「人事管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「人事管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「人事管理システム」関連の製品

グローバル人材マネジメントサービス Cultiiva Global/HM 【NEC】 形だけの働き方改革にしないこれからの「勤怠管理システム」に必要なものとは 【科学情報システムズ】 人材育成・総合スキル管理ツール ESI (Enterprise Skills Inventory) 【ワン・オー・ワン】
人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム
社員のプロファイルを見える化。人材マネジメントに関わる目標管理、パフォーマンス管理、キャリア開発、後継者管理などを効率的に実行し、人材戦略の実行を支援する。 形だけの働き方改革にしないこれからの「勤怠管理システム」に必要なものとは 社員ごとに、ビジネス戦略に沿った人材育成プログラムが作成できるなど、豊富な機能が実装された総合スキル管理システム。厚生労働省が推奨する職業能力評価基準に対応。

「人事管理システム」関連の特集


 これまでストレスチェック制度について、産業医の立場から述べてきました。 今回は、もう少しイメージが…



タレントマネジメントをすでに自社の人材マネジメントの中に採り入れ、個人のタレントを活かそうとしている…



グローバル競争を勝ち抜くためにも「タレントマネジメント」は日本企業に不可欠なもの。その現実とツール選…


「人事管理システム」関連のセミナー

過重労働対策の新常識と労基法改正に向けて今から取り組むべき事 【NECネクサソリューションズ/オービックビジネスコンサルタント】  

開催日 2月6日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

元労働基準監督官の視点から国がこれまでに講じてきた過重労働対策のポイントや理由などを解説するとともに、労働基準法改正に向けてどのような準備を行うべきかを紹介しま…

クラウド型奉行シリーズを活用した業務改善セミナー 【NECネクサソリューションズ/オービックビジネスコンサルタント】 締切間近 

開催日 1月23日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

従業員に関する労務管理業務の多くが、いまだ紙やExcelで手間と時間をかけているため、管理部門や従業員に様々な負荷が発生し多くの企業で課題となっています。 労務…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

今こそ見直そう 不況に負けない人事改革」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「今こそ見直そう 不況に負けない人事改革」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50025138


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ