不況を乗り切るための顧客データ活用作戦セミナー

IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/04/11

不況を乗り切るための顧客データ活用作戦セミナー


アドバンリンク


不況を乗り切るための顧客データ活用作戦セミナーのセミナー概要 不況を乗り切るための顧客データ活用作戦セミナーのプログラム 不況を乗り切るための顧客データ活用作戦セミナーの申込み



開催日時

2009年5月22日(金)|申込み締切 2009年5月21日(木)
会  場 品川イーストワンタワー 21F会議室
東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー
JR「品川駅」港南口(東口)より徒歩すぐ

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

全社スタッフ |経営者CIO|情報システム部の統括

会員限定で「不況を乗り切るための顧客データ活用作戦セミナー」の続きが読めます

不況を乗り切るための顧客データ活用作戦セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「不況を乗り切るための顧客データ活用作戦セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

コールセンター向けCRMソフト inspirX 5(インスピーリファイブ) 【バーチャレクス・コンサルティング】 システム刷新で顧客情報の一元管理に成功、LTVを向上させる顧客との関係構築術 【バーチャレクス・コンサルティング】 顧客対応を行う担当者の業務を効率化しながら、対応品質も上げていくには? 【バーチャレクス・コンサルティング】
CRM CRM CRM
電話/メール/Web/SMSなどのマルチチャネルに対応したCRMソフトウェア。LINE連携や外部システム連携から得られるマーケティングデータの活用を促進する機能を強化。 システム刷新で顧客情報の一元管理に成功、LTVを向上させる顧客との関係構築術 顧客対応の現場のノウハウで作られた“痒いところに手が届く”CRM製品とは?

「CRM」関連の特集


 前回は、あなたの会社や製品・サービスの価値を“伝える場所”を作っていくことの重要性についてご紹介し…



「顧客」なしにビジネスは存在しません。CRMは顧客との関係を重視したマネジメント手法を意味し、多くの…



CRMと組み合わせることによって、CRMがより力を発揮できるようになったり、相乗効果を生み出せたりす…


「CRM」関連のセミナー

テクマトリックス CRM FORUM 2018 【テクマトリックス】 締切間近 

開催日 2月23日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

日本最大級のコンタクトセンター関係者向けイベント「テクマトリックス CRM FORUM 2018」を、2018年2月23日(金)、2018年3月9日(金)に大阪…

テクマトリックス CRM FORUM 2018 【テクマトリックス】  

開催日 3月9日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

日本最大級のコンタクトセンター関係者向けイベント「テクマトリックス CRM FORUM 2018」を、2018年2月23日(金)、2018年3月9日(金)に大阪…

Microsoft Dynamics365ハンズオンセミナー 【カコムス】 締切間近 

開催日 2月23日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

大変ご好評頂いておりますOffice365/Dynamics365/Microsoft Azure/SharePoint Onlineハンズオンセミナーを、2月…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

不況を乗り切るための顧客データ活用作戦セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「不況を乗り切るための顧客データ活用作戦セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50025056


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ