ITILの実践!見える化から始める「運用の改善」

IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/04/09

ITILの実践!見える化から始める「運用の改善」


富士通


ITILの実践!見える化から始める「運用の改善」のセミナー概要 ITILの実践!見える化から始める「運用の改善」の申込み



開催日時

2009年4月16日(木) 14:00〜16:30|申込み締切 2009年4月15日(水)
会  場 富士通Platform Solution Center(浜松町)
東京都港区浜松町2-4-1世界貿易センタービル
JR山手線/京浜東北線浜松町駅直結

地図はこちら
参加費

無料
定 員

40名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用

会員限定で「ITILの実践!見える化から始める「運用の改善」」の続きが読めます

ITILの実践!見える化から始める「運用の改善」」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「ITILの実践!見える化から始める「運用の改善」」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

徹底調査:あなたの企業は24時間365日の可用性を実現できている? 【Veeam Software japan】 IoTで製造現場の安全管理はどのように変わるのか? 【富士通】 LANDesk Management Suite 【LANDesk Software】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
徹底調査:あなたの企業は24時間365日の可用性を実現できている? IoT技術で現場の事故発生を迅速把握――人の目に変わるIoTの活用とは PCやモバイルデバイスなど企業内ファイアウォールの内外に存在するすべてのクライアントを、OSに関係なく共通コンソールから一元管理するIT統合管理ソリューション。

「統合運用管理」関連の特集


「運用管理に人を割く余裕がない…」企業のシステム環境が複雑化し、管理・監視対象が広がり、管理者の負担…



 ICT運用品質の把握は、従来あまり意識されておらず、コントロールもされてこなかった。しかしより正確…



クラウドの本格利用が進む中、課題も見えてきた。特に問題なのは、既存環境とクラウドの混在で運用管理はど…


「統合運用管理」関連のセミナー

JP1ジョブ管理製品のアセスメントとトラブル対応! 【主催:アシスト】  

開催日 8月8日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

自社のJP1にリスクは潜んでいないのか、トラブル時の対応をどうするか、そのヒントはここに基幹システムを支え続けるJP1にもリスクが存在し、ビジネスを止めうる大き…

JP1ジョブ管理製品のバージョンアップ! 【主催:アシスト】  

開催日 7月13日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

〜バッチ業務を支えるジョブ管理製品の安全・効率・確実なバージョンアップ手法をご紹介〜本来、安定稼働している運用管理製品のバージョンアップはすべきではありません。…

複雑なITインフラ保守運用にIT部門に求められるものとは 【主催:日本アイ・ビー・エム】  

開催日 5月19日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

さまざまなITシステムの一元的な運用保守の実現と効率化・簡素化はIT部門が直面する課題です。一方、事業成長を継続するため、万一の場合に備えてシステムの可用性と信…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ITILの実践!見える化から始める「運用の改善」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ITILの実践!見える化から始める「運用の改善」」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50025032


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ