『業務可視化の重要性と内部統制文書の活用』

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/04/02

『業務可視化の重要性と内部統制文書の活用』


サン・プラニング・システムズほか(5社共催)


『業務可視化の重要性と内部統制文書の活用』のセミナー概要 『業務可視化の重要性と内部統制文書の活用』のプログラム 『業務可視化の重要性と内部統制文書の活用』の申込み



開催日時

2009年5月29日(金) 13:00〜17:00|申込み締切 2009年5月28日(木)
会  場 カナダ大使館(東京:赤坂)
東京都港区赤坂7-3-38
東京メトロ「青山一丁目」駅下車 徒歩5分
東京メトロ「赤坂見附」駅下車 徒歩15分


地図はこちら
参加費

無料
定 員

100名
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括|システムの設計・運用

会員限定で「『業務可視化の重要性と内部統制文書の活用』」の続きが読めます

『業務可視化の重要性と内部統制文書の活用』」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「『業務可視化の重要性と内部統制文書の活用』」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「会計システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「会計システム」関連情報をランダムに表示しています。

「会計システム」関連の製品

楽楽精算 【ラクス】 交通費・経費精算クラウド 経費BankII 【SBIビジネス・ソリューションズ】 ZeeM 会計 【クレオ】
会計システム 会計システム 会計システム
交通費をはじめ、あらゆる経費の申請・承認・精算を楽楽精をラクにする、累計導入社数NO.1のクラウド型経費精算システム。 交通費・経費精算をスマートフォンやWebで申請できるクラウドサービス。駅すぱあと連携、仕訳データ出力、FBデータ作成ができ、作業時間の短縮、効率化が可能。 財務・管理会計を統合し、他システムとの連携性と充実した管理会計、決算日程の短縮にこだわったオールインワン会計システム。

「会計システム」関連の特集


業績結果の理由について、社長が答えられるのは当たり前。と思いつつも、実際、適切な回答ができる社長や経…



 この連載では、予算をコントロールするには細目レベルで予算を作成し、定期的に実績と比較することが効果…



企業にお勤めの方359人を対象に、1カ月あたりの経費精算額や経費申請の方法など調査しました。中小企業…


「会計システム」関連のセミナー

経営管理ソリューション ハンズオン+活用事例紹介 【ワイ・ディ・シー】  

開催日 1月29日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

予算管理を行う現場ではExcelが多用され、“Excelメタボ”と言われる状況が生まれています。Excelメタボを解消し、予算管理の効率化と意思決定のスピードア…

予算管理ハンズオンセミナー(fusion_place)12月開催 【ワイ・ディ・シー】  

開催日 12月18日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

予算管理を行う現場ではExcelが多用され、“Excelメタボ”と言われる状況が生まれています。Excelメタボを解消し、予算管理の効率化と意思決定のスピードア…

「経費精算WF」「Web請求書発行」のクラウドサービス・最新事例 【アンテナハウス】  

開催日 1月24日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

請求・経費精算業務のクラウドによる効率化をご紹介します!【請求業務】として●請求書の印刷・封入作業が大変●郵送費など、コストがかさむ●発行先の到着指定日に間に合…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

『業務可視化の重要性と内部統制文書の活用』」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「『業務可視化の重要性と内部統制文書の活用』」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50024898


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ