不況下におけるIT投資削減とIT投資効果の向上セミナー

IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/03/26

不況下におけるIT投資削減とIT投資効果の向上セミナー


アイシロン/アクセリア/住商情報システム/LANDesk


不況下におけるIT投資削減とIT投資効果の向上セミナーのセミナー概要 不況下におけるIT投資削減とIT投資効果の向上セミナーの申込み



開催日時

2009年3月27日(金) 14:00〜17:00|申込み締切 2009年3月27日(金)
会  場 住商情報システム株式会社 33階セミナールーム
東京都中央区晴海1-8-12
勝どき駅より徒歩8分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

25名
こんな方にオススメ

経営者CIO |営業・販売|製造・生産管理

会員限定で「不況下におけるIT投資削減とIT投資効果の向上セミナー」の続きが読めます

不況下におけるIT投資削減とIT投資効果の向上セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「不況下におけるIT投資削減とIT投資効果の向上セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

ダウンタイム要因はストレージとは限らない、可用性向上の鍵は機械学習にあり 【日本ヒューレット・パッカード】 ITIL運用の経験不足をツールでカバー、福岡空港に学ぶプロアクティブな保守運用 【クレオ】 IT部門を早く・安く・手軽に改革、ITサービス管理ツールで業務はどう変わる? 【クレオ】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
ダウンタイム要因はストレージとは限らない、可用性向上の鍵は機械学習にあり 年間約2100万人365日運航を支える「業務支援ツール」導入事例 非効率なサポートデスク業務…… IT部門を「手軽にテコ入れ」する方法

「統合運用管理」関連の特集


統合運用管理ツールは市場投入から既に10年以上が経過していますが、ビジネスとITの進歩を背景に、今も…



 ICT運用品質の把握は、従来あまり意識されておらず、コントロールもされてこなかった。しかしより正確…



働けど働けど、我が"運用管理負荷"軽くならざり・・・。そんな方必見!「統合運用管理ツール」の基礎をア…


「統合運用管理」関連のセミナー

ITサービスマネジメント(ITILファンデーション)速習研修 【IT&ストラテジーコンサルティング】  

開催日 5月29日(火)   開催地 大阪府   参加費 有料 7万5600円(税込)

本研修は日々の業務等にお忙しく2日間の研修を受講される時間の都合がつかない方を対象に、ワークブックによる自習+1日の座学研修をお受けいただき、ITILファンデー…

ITサービスマネジメント(ITIL)入門セミナー 【IT&ストラテジーコンサルティング】  

開催日 4月6日(金),5月9日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ITサービスマネジメントのベストプラクティスである「ITIL(ITインフラストラクチャ・ライブラリ)」は、ITサービスの適正化、効率化の手法として現在世界的に脚…

JP1統合管理製品によるイベント管理の最適化! 【主催:アシスト】  

開催日 8月2日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

v9から機能強化が著しいJP1/IM製品によるイベント管理の効率化手法をご紹介JP1には、システム内で発生するあらゆる事象(イベント)が集約されます。これらはシ…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

不況下におけるIT投資削減とIT投資効果の向上セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「不況下におけるIT投資削減とIT投資効果の向上セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50024814


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ