ITILの実践!見える化から始める「運用の改善」

IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/03/05

ITILの実践!見える化から始める「運用の改善」


富士通


ITILの実践!見える化から始める「運用の改善」のセミナー概要 ITILの実践!見える化から始める「運用の改善」の申込み



開催日時

2009年3月25日(水) 14:00〜16:30|申込み締切 2009年3月24日(火)
会  場 富士通Platform Solution Center(浜松町)
東京都港区浜松町2-4-1世界貿易センタービル
JR山手線/京浜東北線浜松町駅直結

地図はこちら
参加費

無料
定 員

40名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用

会員限定で「ITILの実践!見える化から始める「運用の改善」」の続きが読めます

ITILの実践!見える化から始める「運用の改善」」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「ITILの実践!見える化から始める「運用の改善」」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

ダウンタイム要因はストレージとは限らない、可用性向上の鍵は機械学習にあり 【日本ヒューレット・パッカード】 Ivanti Endpoint Manager 【Ivanti Software】 ITインフラの運用管理に関するアンケート(2017年7月) 【アイティメディア】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
ダウンタイム要因はストレージとは限らない、可用性向上の鍵は機械学習にあり PCやモバイルデバイスなど企業内ファイアウォールの内外に存在するすべてのクライアントを、OSに関係なく共通コンソールから一元管理するIT統合管理ソリューション。 ITインフラの運用管理に関するアンケート(2017年7月)

「統合運用管理」関連の特集


働けど働けど、我が"運用管理負荷"軽くならざり・・・。そんな方必見!「統合運用管理ツール」の基礎をア…



2009年度の市場金額が微増に留まった「統合運用管理ツール」。数量・金額ベースともにシェアトップのベ…



クラウドへの流れが加速する中、運用管理の現場でも様々な課題が浮上しつつある。仮想基盤管理の延長として…


「統合運用管理」関連のセミナー

国内トップシェア製品 JP1の提案や見積もりのコツ! 【主催:アシスト】  

開催日 6月13日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

システムに欠かせない運用管理製品 JP1 を皆様の武器に、ご提案のメリットとそのノウハウをご紹介運用業務を支えるジョブ管理製品として、JP1は多くの企業に採用さ…

ITサービスマネジメント(ITILファンデーション)速習研修 【IT&ストラテジーコンサルティング】  

開催日 5月29日(火)   開催地 大阪府   参加費 有料 7万5600円(税込)

本研修は日々の業務等にお忙しく2日間の研修を受講される時間の都合がつかない方を対象に、ワークブックによる自習+1日の座学研修をお受けいただき、ITILファンデー…

SIAM概要無料セミナー 【IT&ストラテジーコンサルティング】 締切間近 

開催日 4月24日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

現在多くの組織では、複数のサービスプロバイダのサービスを複合的に利用しているかと思います。ITILやISO/IEC20000は組織単位でのITサービスを管理する…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ITILの実践!見える化から始める「運用の改善」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ITILの実践!見える化から始める「運用の改善」」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50024536


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ