システムの統合でコストも場所もスッキリ化セミナー

IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/02/28

システムの統合でコストも場所もスッキリ化セミナー


日立情報システムズ


システムの統合でコストも場所もスッキリ化セミナーのセミナー概要 システムの統合でコストも場所もスッキリ化セミナーのプログラム システムの統合でコストも場所もスッキリ化セミナーの申込み



開催日時

2009年3月12日(木) 15:00〜17:30|申込み締切 2009年3月11日(水)
会  場 アイシロン・システムズ株式会社本社
東京都渋谷区代々木1-22-1 代々木1丁目ビル12F
JR代々木駅西口より徒歩3分、都営大江戸線A1出口徒歩2分、東京メトロ副都心線北表参道駅1番出口より徒歩4分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|経営者CIO

会員限定で「システムの統合でコストも場所もスッキリ化セミナー」の続きが読めます

システムの統合でコストも場所もスッキリ化セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「システムの統合でコストも場所もスッキリ化セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

IoT活用を見据えた、SSDを超えるオールフラッシュ基盤の選び方 【日本アイ・ビー・エム】 SSDがオールフラッシュストレージのベストな選択といえるのか? 【日本アイ・ビー・エム】 データ保全アプライアンス STOREND 【アーク・システムマネジメント】
NAS NAS NAS
IoT活用を見据えた、“SSDを超える”オールフラッシュ基盤の選び方 SSDがオールフラッシュストレージの“ベスト”な選択といえるのか? 専門知識なしでデータバックアップ/リカバリーが行えるNAS。
ハイエンド製品と同様の機能・容量を備えながら、コストを抑えて提供。

「NAS」関連の特集


NASやSANストレージどちらのプロトコルにも対応できる「ユニファイドストレージ」。様々な場面で利用…



NASとSANの違いは?導入メリットは?RAIDって何?…今回は、特に成長著しい「ミッドレンジNAS…



とうとう1GB40円!HDDの価格下落が止まらない!低価格化とともに家電製品への道を突き進む、今時の…


「NAS」関連のセミナー

NetApp Innovation 2017 Nagoya 【ネットアップ】  

開催日 2月15日(水)   開催地 愛知県   参加費 無料

弊社ではあらゆるIT 戦略に高い付加価値をもたらすことができるデータ管理のビジョン「データ ファブリック」を提唱しております。本イベントでは最新の戦略や技術情報…

NetApp Innovation 2017 Osaka 【ネットアップ】  

開催日 2月21日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

弊社ではあらゆるIT 戦略に高い付加価値をもたらすことができるデータ管理のビジョン「データ ファブリック」を提唱しております。本イベントでは最新の戦略や技術情報…

NetApp Innovation 2017 tokyo 【ネットアップ】  

開催日 2月2日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

弊社ではあらゆるIT 戦略に高い付加価値をもたらすことができるデータ管理のビジョン「データ ファブリック」を提唱しております。本イベントでは最新の戦略や技術情報…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

システムの統合でコストも場所もスッキリ化セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「システムの統合でコストも場所もスッキリ化セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50024472


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ