IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/02/06

「Dr.Sum EA」製品紹介セミナー


ウイングアーク テクノロジーズ


「Dr.Sum EA」製品紹介セミナーのセミナー概要 「Dr.Sum EA」製品紹介セミナーのプログラム 「Dr.Sum EA」製品紹介セミナーの申込み



開催日時

2009年3月13日(金)|申込み締切 2009年3月13日(金)
会  場 ウイングアーク テクノロジーズ 西日本営業部セミナールーム
大阪府大阪市中央区南本町2-6-12 サンマリオンNBFタワー18F
地下鉄御堂筋線・中央線「本町」駅9番出口より東へ徒歩4分
地下鉄堺筋線・中央線「堺筋本町」駅8番出口より西へ徒歩3分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

24名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |ネットワークの設計・運用|情報システム部の統括

会員限定で「「Dr.Sum EA」製品紹介セミナー」の続きが読めます

「Dr.Sum EA」製品紹介セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「「Dr.Sum EA」製品紹介セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】 テキストマイニングツール「Text Mining Studio」 【NTTデータ数理システム】 クラウド型BIツール「DragonFly BI」 【グレープシティ】
BI BI BI
“かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。
日本発のテキストマイニングツール。簡単な操作で本格的なテキストマイニングが可能。日本の企業文化に即した多彩な機能を搭載している。 『スプレッドシート』を独自に採用し、使いやすさにこだわったシンプルなクラウド型BIツール。

「BI」関連の特集


BIツールに関してアンケートを実施。今お使いのBIツールに満足してますか?不満や活用における課題につ…



莫大なコストをかけて導入しても、結局使われなくなった「BIツール」…。珍しい話ではありません!Exc…



復号時に読み取られることを回避すべく暗号化したままデータ分類を行う「暗号化データマイニング」が登場!…


「BI」関連のセミナー

ヤンマー、リコーが解説 データ分析実践セミナー 【クリックテック・ジャパン】 注目 

開催日 8月31日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

データ分析で成功している多くの企業では、データ分析や意思決定をするための製品・ソリューションを現場主導で導入していると言われています。一方で、「導入したものの成…

特長も操作もハッキリ分かる!中堅中小企業向けBI紹介セミナー 【エヌジェーケー】  

開催日 9月5日(火),9月19日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

DataNature Smartは…現場担当者や経営者それぞれのニーズに応じたアドホックなデータ活用から定型的な分析・集計までを、ボタンをクリックするだけの簡単…

BIツール TableauDesktopハンズオンセミナー 【ソフィア総合研究所】  

開催日 9月29日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――社内のデータを有効活用したい方、データ分析に掛かっている工数を削減したい方必見! ――…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

「Dr.Sum EA」製品紹介セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「「Dr.Sum EA」製品紹介セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50024139


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ