「真の」経営見える化への羅針盤セミナー

IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/01/29

「真の」経営見える化への羅針盤セミナー


電通国際情報サービス/ウイングアーク テクノロジーズ


「真の」経営見える化への羅針盤セミナーのセミナー概要 「真の」経営見える化への羅針盤セミナーの申込み



開催日時

2009年2月20日(金)|申込み締切 2009年2月20日(金)
会  場 ウイングアーク テクノロジーズ 西日本営業部セミナールーム
大阪府大阪市中央区南本町2-6-12 サンマリオンNBFタワー18F
地下鉄御堂筋線・中央線「本町」駅9番出口より東へ徒歩4分
地下鉄堺筋線・中央線「堺筋本町」駅8番出口より西へ徒歩3分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

24名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |ネットワークの設計・運用|情報システム部の統括

会員限定で「「真の」経営見える化への羅針盤セミナー」の続きが読めます

「真の」経営見える化への羅針盤セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「「真の」経営見える化への羅針盤セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

SAS Visual Analytics 【SAS Institute Japan】 オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】 オープンソースBI「Pentaho」 【KSKアナリティクス】
BI BI BI
BIを生かす秘訣は「Microsoft Office」との連携にあり “かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。
大規模エンタープライズクラスはもちろん、小規模導入にも対応したオープンソースBI/BAツール。サブスクリプションモデルの料金体系により、低コストでの導入/運用が可能。

「BI」関連の特集


BI導入の“失敗例”でよく聞くのが「活用されていない」という声。そんな声に対応し、現在のBIツールは…



あの有名なIT企業でも、経営会議に向けたデータ分析に2週間も掛かっていた……。セゾン情報システムズが…



利用端末環境として、スマートフォンやタブレット型端末が増加する同市場。拮抗する上位3社のベンダとは?…


「BI」関連のセミナー

Qlik あきんどスシローが解説 データ分析実践セミナー 【マイナビ】 締切間近 

開催日 6月27日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

データ分析で成功している多くの企業では、データ分析や意思決定をするための製品・ソリューションを現場主導で導入していると言われています。一方で、「導入したものの成…

Qlik Sense Tour 東京 【クリックテック・ジャパン】 注目 

開催日 7月13日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

「セルフサービスBI」とはよく耳にするようになったものの、真の「セルフサービス」とは何を指すのか?BIからビジネスチャンスを導き出す方法や、最新トレンド情報、導…

BIツールを活用!「DragonFly BI」使い方 無料セミナー 【グレープシティ】  

開催日 7月14日(金)   開催地 埼玉県   参加費 無料

セルフサービスBIツール「DragonFly BI(ドラゴンフライ ビーアイ)」はシンプルな操作と機能で、Excel感覚で利用できます。本セミナーでは実際に、デ…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

「真の」経営見える化への羅針盤セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「「真の」経営見える化への羅針盤セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50024001


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ