Dr.Sum EA事例講演セミナー 中外製薬株式会社様に学ぶ

IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/01/29

Dr.Sum EA事例講演セミナー 中外製薬株式会社様に学ぶ


ウイングアークテクノロジーズ/ビーコンIT


Dr.Sum EA事例講演セミナー 中外製薬株式会社様に学ぶのセミナー概要 Dr.Sum EA事例講演セミナー 中外製薬株式会社様に学ぶの申込み



開催日時

2009年2月26日(木)|申込み締切 2009年2月26日(木)
会  場 ウイングアーク テクノロジーズ セミナールーム
東京都港区港南1-8-15 Wビル14F

地図はこちら
参加費

無料
定 員

40名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |ネットワークの設計・運用|情報システム部の統括

会員限定で「Dr.Sum EA事例講演セミナー 中外製薬株式会社様に学ぶ」の続きが読めます

Dr.Sum EA事例講演セミナー 中外製薬株式会社様に学ぶ」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「Dr.Sum EA事例講演セミナー 中外製薬株式会社様に学ぶ」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

テキストマイニングツール「Text Mining Studio」 【NTTデータ数理システム】 Dr.Sum EA 【ウイングアーク1st】 Actionista! 【ジャストシステム】
BI BI BI
日本発のテキストマイニングツール。簡単な操作で本格的なテキストマイニングが可能。日本の企業文化に即した多彩な機能を搭載している。 企業システムに蓄積されたデータを部門間や全社規模で集計分析。
Excelやブラウザを用いて、自由な集計分析を実現する多次元高速集計検索エンジン。
BI導入は“使いたい”と思わせないと失敗する 役員も納得のBI活用の軌跡

「BI」関連の特集


景気や先行きの不透明感を背景に、注目を集めて久しいBI。BIをより効果的に利用する考え方や活用方法と…



利用端末環境として、スマートフォンやタブレット型端末が増加する同市場。拮抗する上位3社のベンダとは?…



産学官で推進するジャパン・クラウド・コンソーシアムにM2M・ビッグデータWGが設立。M2M(Mach…


「BI」関連のセミナー

マイクロストラテジー・アナリティクス 体験会 【マイクロストラテジー・ジャパン】  

開催日 2月3日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

現場で活躍する弊社エンジニアがMicroStrategy製品のユーザー機能を中心にご紹介するハンズオン体験つきのセミナーです。本セミナーでは、多様な分析要件に対…

特長も操作もハッキリ分かる!中堅中小企業向けBI紹介セミナー 【エヌジェーケー】  

開催日 1月12日(木),1月25日(水),2月8日(水),2月23日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

DataNature Smartは…現場担当者や経営者それぞれのニーズに応じたアドホックなデータ活用から定型的な分析・集計までを、ボタンをクリックするだけの簡単…

マイクロストラテジー・アナリティクス 体験会 【マイクロストラテジー・ジャパン】  

開催日 3月3日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

現場で活躍する弊社エンジニアがMicroStrategy製品のユーザー機能を中心にご紹介するハンズオン体験つきのセミナーです。本セミナーでは、多様な分析要件に対…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Dr.Sum EA事例講演セミナー 中外製薬株式会社様に学ぶ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Dr.Sum EA事例講演セミナー 中外製薬株式会社様に学ぶ」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50023996


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ