社内コミュニケーションの活性化のために

IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > その他情報共有システム関連 > その他情報共有システム関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2009/01/20

社内コミュニケーションの活性化のために


アウラント


社内コミュニケーションの活性化のためにのセミナー概要 社内コミュニケーションの活性化のためにの申込み



開催日時

2009年1月30日(金) 15:30〜17:00|申込み締切 2009年1月29日(木)
会  場 小津本館ビル5F
東京都中央区日本橋本町3-6-2
総武本線 新日本橋 駅から徒歩2分
銀座線 三越前 駅から徒歩5分
日比谷線 小伝馬町 駅から徒歩5分
山手線 神田 駅から徒歩10分

参加費

有料 3000円(税込)
定 員

10名
こんな方にオススメ

経営者CIO |全社スタッフ|情報システム部の統括
参加者プレゼント
弊社オリジナルSNS小冊子

会員限定で「社内コミュニケーションの活性化のために」の続きが読めます

社内コミュニケーションの活性化のために」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「社内コミュニケーションの活性化のために」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「その他情報共有システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他情報共有システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他情報共有システム関連」関連の製品

ビジネスコミュニケーション ProgOffice Enterprise 【NTTソフトウェア】 Web社内報 企画・編集サービス(クオリア) 【ウインズ】 セキュアな音声書き起こしサービス VoiShredder 【フュートレック】
その他情報共有システム関連 その他情報共有システム関連 その他情報共有システム関連
社内外の連絡先(アドレス帳)データに、クラウドサービスのスケジュールや営業情報を連携して表示。最新の状況を確認しながら相手に連絡できる。 モバイルメディアの特徴を生かし、動画・音声・アニメーションなどを活用した社内報を企画・取材・編集して提供するサービス。 独自の音声分割(シュレッダー)技術を用いることで、機密情報を保持しながら音声データの書き起こしを行ってくれるサービス。

「その他情報共有システム関連」関連の特集


マネージャーは、様々な場面で部下を説得する機会が多いです。部下の考え方や態度を変えさせる場合、説明で…



クリニックミーティングの最後の段階「クロージング段階」について解説します。



定時後になんとなく漂う“帰りにくい空気”。どんなに業務を効率化してもこの空気が充満していれば悪習慣で…


「その他情報共有システム関連」関連のセミナー

【福岡】デスクネッツ ネオ & チャットラック体験セミナー 【ネオジャパン/九州日立システムズ】 注目 

開催日 2月7日(火),2月7日(火)   開催地 福岡県   参加費 無料

1人1台のパソコン環境で操作性や機能をご体験いただきながら、満足度No.1グループウェア(※)「desknet's NEO」とビジネスチャットシステム「Chat…

ビジネスチャット チャットラック オンラインセミナー 【ネオジャパン】  

開催日 2月21日(火)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

通信技術の進歩やモバイルデバイスの普及に伴い、コミュニケーションのあり方も大きく変わろうとしています。そんな中でひときわ注目を浴びているのが「ビジネスチャット」…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

社内コミュニケーションの活性化のために」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「社内コミュニケーションの活性化のために」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50023835


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > その他情報共有システム関連 > その他情報共有システム関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ