IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/12/19

コンテンツ管理事例セミナー


日本オラクル


コンテンツ管理事例セミナーのセミナー概要 コンテンツ管理事例セミナーのプログラム コンテンツ管理事例セミナーの申込み



開催日時

2009年2月13日(金) 13:30〜16:50|申込み締切 2009年2月12日(木)
会  場 日本オラクル オラクル青山センター 13階セミナールーム
東京都港区北青山2-5-8 オラクル青山センター

地図はこちら
参加費

無料
定 員

25名
こんな方にオススメ

その他
参加者プレゼント
ECMソリューション小冊子セット

会員限定で「コンテンツ管理事例セミナー」の続きが読めます

コンテンツ管理事例セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「コンテンツ管理事例セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

MasterControl Documents 【マスターコントロール】 文書管理システム DocuMaker Office 【ファインデックス】 Trinity(トリニティー) 【Zero Divide】
文書管理 文書管理 文書管理
適切なQMSに必要な業務の効率化を支援するソリューション。その中心となる文書管理向けソリューションは、様々な規制要件への対応と効率性を向上させる。 紙で運用している文書やシステムで記載している文書、Word・Excelで作成している文書などの作成、活用、保存を一元的に統合管理できる文書管理システム。 ●「IBM i」(System i、AS/400)で開発されたソフトウェアのメンバーソースから設計書を自動作成。
●作成以外にも管理/閲覧/編集、システム分析、自動更新までの機能を提供。

「文書管理」関連の特集


e-文書法や公文書管理法、IFRSといった法制度への期待から、市場の伸長が見込まれている「文書管理」…



「ナレッジ化が大事!」だと分かっていても、出来ないのは“ナゼ”でしょうか。今回は、文書管理ツールが“…



セキュリティ面やワークフロー機能等の充実により、リプレース需要での市場拡大が見込まれる文書管理ツール…


「文書管理」関連のセミナー

Tradosハンズオントレーニング (初級コースパート2) 【SDLジャパン】  

開催日 3月24日(金)   開催地 大阪府   参加費 有料 3万8880円(税込)

■SDL Trados Studio 2017 初級コース パート2 (翻訳サプライチェーンとの連係と翻訳資産の構築) SDL Trados Studio 2…

重要文書はこう管理する! 文書管理で失敗しない3つのポイント 【NRIセキュアテクノロジーズ】  

開催日 2月17日(金),3月15日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

増え続ける文書の管理に頭を悩ませている方が多いことと思います。代表的な理由を挙げれば、・目的の文書を探すのに手間と時間がかかる・一括管理ができていないので情報共…

SDL Trados Studio Basic 1 「翻訳メモリの概要」 【SDLジャパン】  

開催日 2月7日(火)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

これまで多くのお客様から「SDL Trados Studioは難しい」という声をいただいてきました。弊社でもトレーニングや認定試験をはじめ、さまざまな資料を用意…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

コンテンツ管理事例セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「コンテンツ管理事例セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50023463


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ