社長・人事総務部のための残業時間短縮方法のポイント教えます

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/12/18

社長・人事総務部のための残業時間短縮方法のポイント教えます


NECネクサソリューションズ/オービックビジネスコンサルタント


社長・人事総務部のための残業時間短縮方法のポイント教えますのセミナー概要 社長・人事総務部のための残業時間短縮方法のポイント教えますの申込み



開催日時

2009年2月18日(水) 14:00〜16:30|申込み締切 2009年2月17日(火)
会  場 Walk In Solution Center 関西
大阪府大阪市中央区城見1丁目3番7号(松下IMPビル2階)
JR・京阪 京橋駅 徒歩約5分
地下鉄長堀鶴見緑地線 大阪ビジネスパーク駅 4番出口 徒歩約1分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|全社スタッフ

会員限定で「社長・人事総務部のための残業時間短縮方法のポイント教えます」の続きが読めます

社長・人事総務部のための残業時間短縮方法のポイント教えます」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「社長・人事総務部のための残業時間短縮方法のポイント教えます」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「人事管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「人事管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「人事管理システム」関連の製品

もっと自由に…「副業社員」は、社員だけでなく会社も強くする! 【KDDI】 労務管理システム 「jinjer労務」 【ネオキャリア】 STAFFBRAIN(人事給与、勤怠管理、ワークフロー) 【電通国際情報サービス】
人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム
ストアカの挑戦…「副業でITスキルを教える」時代がすぐそこに! 社会保険の各種手続きをオンライン化する労務管理システム。
書類の作成/申請がWeb上ででき、従業員情報、扶養家族、住所変更、社会/健康保険などの情報も一元管理できる。
1000社の導入実績を持つ統合人事パッケージ。
ユーザニーズに応える柔軟性・拡張性で、ノンカスタマイズ導入が可能。

「人事管理システム」関連の特集


 先週より始まった「ストレスチェック制度」は、従業員数50人以上の事業場にとっては義務となります(詳…



まだ終身雇用への期待が大きい日本。しかし、少子高齢化やグローバル化に伴い注目され始めているのが「タレ…



IT担当者375人を対象に「人事管理システムの導入状況」を調査!導入状況・重視ポイント・満足度・導入…


「人事管理システム」関連のセミナー

【大阪】人事担当者が考えるタレントマネジメントの現実解 【クレオマーケティング】 締切間近 

開催日 1月27日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

【大阪】人事部門向け課題解決セミナー人事担当者が考えるタレントマネジメントの現実解〜実現性のあるタレントマネジメントとは?〜外部の調査によると、95.2%の企業…

適正検査・採用検査ツールを利用した新入社員のトリセツの作り方 【主催:カコムス/共催:アドバンテッジリスクマネジメント】 締切間近 

開催日 1月27日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

本セミナーでは、メンタル不調予防ならびに採用後の社員の定着化を進めるための、社員の「取扱説明書」の作り方をレクチャー。最新の学生のメンタル状況などの情報を、適性…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

社長・人事総務部のための残業時間短縮方法のポイント教えます」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「社長・人事総務部のための残業時間短縮方法のポイント教えます」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50023458


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ