利益創造と原価・コスト管理革新セミナー

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 北海道・東北 > 北海道 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/12/23

利益創造と原価・コスト管理革新セミナー


日本事務器


利益創造と原価・コスト管理革新セミナーのセミナー概要 利益創造と原価・コスト管理革新セミナーのプログラム 利益創造と原価・コスト管理革新セミナーの申込み



開催日時

2009年1月21日(水) 10:00〜12:30|申込み締切 2009年1月20日(火)
2009年1月21日(水) 15:00〜17:30|申込み締切 2009年1月20日(火)
会  場 マイクロソフト株式会社 北海道支店セミナールーム
北海道札幌市中央区北5条西2丁目5 JRタワーオフィスプラザさっぽろ20階
・JR札幌駅 東改札口より徒歩1分
・地下鉄さっぽろ駅直結

参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

経営者CIO |製造・生産管理|全社スタッフ

会員限定で「利益創造と原価・コスト管理革新セミナー」の続きが読めます

利益創造と原価・コスト管理革新セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「利益創造と原価・コスト管理革新セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

基幹系システムに関するアンケート(2017年11月) 【アイティメディア】 ビジネスモデルの変化にも対応、クラウドERPで実現するグローバル経営管理基盤 【ネットスイート】 ProActive E2(プロアクティブイーツー) 【SCSK】
ERP ERP ERP
基幹系システムに関するアンケート(2017年11月) クラウド型ERP導入事例:短期間でグローバル展開ができたワケ 会計、販売、資産、人事給与など、基幹業務全般をカバーし、豊富な機能より高い業務適合率を実現。パッケージ利用のメリットを最大限に享受できる超寿命なERP。

「ERP」関連の特集


日本企業の海外シフトが進む中、基幹システムとなるERPも海外展開を意識した選択が必要に。そこで注意し…



2015年度は導入社数ベースで1170社、金額ベースで760億円と見込まれた当市場。導入社数、金額の…



グループの基幹業務を支えるシステムを丸ごとクラウドに。いわゆる「リフトアンドシフト」を実践したバンダ…


「ERP」関連のセミナー

SCSKが実践する「働き方改革」事例をIT活用法とともにご紹介! 【SCSK】 締切間近 

開催日 2月23日(金)   開催地 愛知県   参加費 無料

本セミナーでは、「働きやすく、やりがいのある会社」を追求し、2012年から「働き方改革」を実践した結果、日本経済新聞社が行う「人を活かす会社」調査において、20…

【広島】 AI/IoT時代における基幹システムの在り方 ※軽食付 【アイ・ピー・エス/伊藤忠テクノソリューションズ】 締切間近 

開催日 3月6日(火)   開催地 広島県   参加費 無料

近年、ITが企業経営に与える影響は飛躍的に拡大してきています。「経営をITに活かす」のはもちろんのことで「新しいITが新しいビジネスモデルを生む」時代です。中堅…

超寿命ERP「ProActive E2」 製品紹介セミナー 【SCSK】  

開催日 3月16日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

ProActive E2 は、“ProActive”シリーズの発売開始から25年間で得た豊富な導入実績と業務ノウハウ、そして確かな技術を礎に生み出された、SCS…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

利益創造と原価・コスト管理革新セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「利益創造と原価・コスト管理革新セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50023299


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ