IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/12/06

グリーンIT 新機能体験セミナー


クオリティ


グリーンIT 新機能体験セミナーのセミナー概要 グリーンIT 新機能体験セミナーの申込み



開催日時

2009年1月27日(火) 14:00〜17:00|申込み締切 2009年1月26日(月)
会  場 クオリティ 大阪支店
大阪府大阪市中央区本町2-5-7 大阪丸紅ビル12F
地下鉄御堂筋線 本町駅より徒歩3分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

7名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |ネットワークの設計・運用

会員限定で「グリーンIT 新機能体験セミナー」の続きが読めます

グリーンIT 新機能体験セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「グリーンIT 新機能体験セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

IT資産統合管理 コア ITAMソリューション 【ギガ+他】 情報漏洩対策+資産管理ツール MaLion 5 【インターコム】 ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」 【NTTテクノクロス】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
導入実績1500社以上。PC端末からデータセンターまで、幅広いニーズに応えるIT資産統合管理ソリューション。物の管理と固定資産管理の紐づけを行い、資産管理を効率化する。 情報漏洩対策とIT資産管理・SAMを網羅したクライアントPC運用管理ソフト。充実した操作監視・制限機能や管理者負担の軽減に配慮した導入・運用支援機能が特長。 保有、申請、利用、監査の4つのフェーズにおいて、ソフトウェアライセンスの適正な管理機能を提供。違反リスクを低減し、監査業務をサポートする。

「IT資産管理」関連の特集


IT資産管理ツールの運用は、名寄せなど地道な作業が必須に。だからこそ、導入してからの運用を意識した製…



製品導入が一巡したと言われているIT資産管理ツール。しかしその実態は、うまく使いこなせていないという…



訴訟リスクを回避すべく導入に意欲的な企業が増えているIT資産管理ツール。SaaSや仮想化対応など、I…


「IT資産管理」関連のセミナー

事業影響度分析/ビジネスインパクト分析(BIA)トレーニングコース 【BSIグループジャパン(英国規格協会)】  

開催日 9月11日(月),12月1日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

本コースは、事業継続に取り組む上で欠かせない事業影響度分析/ビジネスインパクト分析(BIA)について学びます。事業継続におけるビジネスインパクト分析(BIA)は…

ハンズオンで学ぶ!PC資産管理と情報漏えい対策 【エムオーテックス】  

開催日 5月18日(木),7月14日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

マイナンバー制度の開始や個人情報保護法の改正に伴い、お客様の情報セキュリティの重要性は日に日に増しています。情報漏えいのリスクは、従来からの内部からの情報漏えい…

海外拠点における情報セキュリティ対策とITシステム活用を学ぶ 【サイバネットシステム】  

開催日 3月9日(木),5月18日(木),7月6日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

日系企業の海外進出が加速する中、日本国内の端末はセキュリティ対策や管理ができているが、海外拠点は現地スタッフに任せっきりといった企業が多いようです。実際に、ウイ…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

グリーンIT 新機能体験セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「グリーンIT 新機能体験セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50023269


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ