IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/12/06

グリーンIT 新機能体験セミナー


クオリティ


グリーンIT 新機能体験セミナーのセミナー概要 グリーンIT 新機能体験セミナーの申込み



開催日時

2009年1月27日(火) 14:00〜17:00|申込み締切 2009年1月26日(月)
会  場 クオリティ 大阪支店
大阪府大阪市中央区本町2-5-7 大阪丸紅ビル12F
地下鉄御堂筋線 本町駅より徒歩3分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

7名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |ネットワークの設計・運用

会員限定で「グリーンIT 新機能体験セミナー」の続きが読めます

グリーンIT 新機能体験セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「グリーンIT 新機能体験セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

IT資産管理ソフトSS1<System Support best1> 【ディー・オー・エス】 IT資産統合管理 コア ITAMソリューション 【ギガ+他】 資産・備品管理システム 「備品マネージャー2」 【フォー・ズィー・コーポレーション 】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。 導入実績1500社以上。PC端末からデータセンターまで、幅広いニーズに応えるIT資産統合管理ソリューション。物の管理と固定資産管理の紐づけを行い、資産管理を効率化する。 2次元バーコード付の備品ラベルを使い、資産・備品の登録から、リース資産の管理、棚卸、移管、廃棄までを一貫して管理できる。その他画像管理や簿価リスト出力も可能。

「IT資産管理」関連の特集


「BYOD」なら聞いたことがあるけれど「X」とは何か?実は企業システムの運用思想をこの「X」が変えて…



「クラウドの利用で資産管理が不要に」という声も? IT資産管理ツールの導入状況を調査した結果をお届け…



今や「セキュリティツールなのか!?」と思うほどに様々な機能を有すIT資産管理ツール。その全貌…様々な…


「IT資産管理」関連のセミナー

SKYSEA Client Viewを活用したWindows10への移行セミナー 【主催:扶桑電通/共催:Sky/富士通クラウドテクノロジーズ】  

開催日 4月20日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

XPやVistaからの切り替えで購入した初期のWindows 7のPCは年数が経ち、リプレイスが必要になってきました。 社内PCの入れ替えには、IT資産の現状…

SS1オンラインセミナー 【ディー・オー・エス】  

開催日 12月15日(金)〜8月31日(金)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

株式会社ディー・オー・エスでは、IT資産管理ソフト「System Support best1(SS1)」を用いた、IT資産管理/情報漏洩対策の課題解決をテーマと…

海外拠点における情報セキュリティ対策とITシステム活用を学ぶ 【サイバネットシステム】  

開催日 5月30日(水)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

日系企業の海外進出が加速する中、日本国内の端末はセキュリティ対策や管理ができているが、海外拠点は現地スタッフに任せっきりといった企業が多いようです。実際に、ウイ…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

グリーンIT 新機能体験セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「グリーンIT 新機能体験セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50023269


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ