株主総会円滑運営を考えるセミナー 〜効率的な運営方法とは〜

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/11/28

株主総会円滑運営を考えるセミナー 〜効率的な運営方法とは〜


主催:パナソニック電工IS/協賛:日本IBM


株主総会円滑運営を考えるセミナー 〜効率的な運営方法とは〜のセミナー概要 株主総会円滑運営を考えるセミナー 〜効率的な運営方法とは〜のプログラム 株主総会円滑運営を考えるセミナー 〜効率的な運営方法とは〜の申込み



開催日時

2008年12月3日(水) 15:00〜17:00|申込み締切 2008年12月3日(水)
会  場 パナソニック電工インフォメーションシステムズ株式会社 梅田オフィス セミナールーム
大阪府大阪市北区茶屋町19番19号 アプローズタワー16階
●JR「大阪」駅 御堂筋出口より徒歩10分 
●地下鉄御堂筋線「中津」駅 4番出口より徒歩4分 
●阪急「梅田」駅 茶屋町出口より徒歩6分


地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

経営者CIO |全社スタッフ|情報システム部の統括

会員限定で「株主総会円滑運営を考えるセミナー 〜効率的な運営方法とは〜」の続きが読めます

株主総会円滑運営を考えるセミナー 〜効率的な運営方法とは〜」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「株主総会円滑運営を考えるセミナー 〜効率的な運営方法とは〜」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「その他基幹系システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他基幹系システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他基幹系システム関連」関連の製品

HULFT運用管理の最適化・自動化ツール「HULFT-HUB」 【セゾン情報システムズ】 財務統合管理システム 「Fusion」 【Profit Cube】 出張手配サービス J'sNAVI Jr. 【JTBビジネストラベルソリューションズ】
その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連
複数の拠点で利用されるHULFTのデータ連携網を「見える化」し、その正確な管理と運用の最適化を実現する。1:1のファイル転送だけでなく、n:nの連携を可能にする。 借入/貸付金、有価証券や社債などの財務データをグループ企業全体で一元管理。必要に応じてモジュールの段階的な導入も可能。会計システムへの仕訳出力機能も標準で実装。 各企業が利用中のワークフローとシームレスに連携し、出張のチケット手配などを最適化・効率化できるクラウド型サービス。コーポレートカード利用明細データの連携も可能。

「その他基幹系システム関連」関連の特集


前回連載分もご覧いただくとより理解が深まります。※第1回「日本本社と、海外拠点の想い」http://…



 今回と次回で電子カルテシステム等の部門をまたがる基幹系システム導入で成功するためのポイントを取り上…



最近目にする「オープンレガシー」問題。メインフレームやオフコンなど、従来のレガシー化と何が違うのか?…


「その他基幹系システム関連」関連のセミナー

業務渡航における危機管理の最新動向セミナー 【日立システムズ】 締切間近 

開催日 7月5日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

昨今、中堅中小企業においても海外進出が増加傾向にあります。一方で、テロ事件や民族闘争が思いもよらない場所で発生するリスクが高まっているのも実情です。特に最近では…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

株主総会円滑運営を考えるセミナー 〜効率的な運営方法とは〜」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「株主総会円滑運営を考えるセミナー 〜効率的な運営方法とは〜」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50023186


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ