「誤送信防止ソリューション CipherCraft/Mail 最新版」のご紹介

IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/11/27

「誤送信防止ソリューション CipherCraft/Mail 最新版」のご紹介


サムライズ/NTTソフトウェア


「誤送信防止ソリューション CipherCraft/Mail 最新版」のご紹介のセミナー概要 「誤送信防止ソリューション CipherCraft/Mail 最新版」のご紹介の申込み



開催日時

2008年12月18日(木) 16:30〜17:30|申込み締切 2008年12月17日(水)
会  場 太陽生命品川ビル27F会議室(NTTソフトウェア株式会社内)
東京都港区港南2-16-2
・JR品川駅、京浜急行品川駅徒歩約5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|経営者CIO

会員限定で「「誤送信防止ソリューション CipherCraft/Mail 最新版」のご紹介」の続きが読めます

「誤送信防止ソリューション CipherCraft/Mail 最新版」のご紹介」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「「誤送信防止ソリューション CipherCraft/Mail 最新版」のご紹介」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「メールセキュリティ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メールセキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

「メールセキュリティ」関連の製品

クラウド型メール誤送信対策サービス「Active! gate SS」 【クオリティア】 ActSecureクラウドメールセキュリティサービス 【NEC】 クラウドにしかできないセキュリティ対策 Security.cloud 【ソフトバンク コマース&サービス+他】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
クラウド型メール誤送信対策サービス
◎7つのアプローチを網羅し本格的な対策を実現
◎短期間で簡単に導入可能
◎サーバ構成に依存せず、Google Apps、Office 365にも対応
標的型メール攻撃対策やメール誤送信対策、事後調査や監査対応などに有効なメールアーカイブ機能などのセキュリティ対策をクラウド(SaaS型)で提供。最短7日で導入可能。 それらしい内容でチェックの網をすり抜ける標的型攻撃。その手法は日々高度化するばかり。そんな状況の中、企業はメールセキュリティ対策にどう取り組むべきなのか。

「メールセキュリティ」関連の特集


 最終回の今回は、前回説明したクライアント型のメール誤送信対策の導入の注意事項に加え、弊社ソリューシ…



IT担当者520人対象にメールシステムとセキュリティ対策状況を調査。システム環境や被害状況からその実…



373名を対象にメール誤送信防止システムの導入状況を調査。前編では「情報漏洩状況」「メール誤送信状況…


「メールセキュリティ」関連のセミナー

Email Security Conference 2016 【ナノオプト・メディア】 注目 

開催日 10月5日(水)〜10月7日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

ビジネスツールとして欠かせない、多数の社員が利用するEメール。一方で、標的型攻撃、ランサムウェアの被害の最も多くの引き金となってしまうのもEメールであると言われ…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

「誤送信防止ソリューション CipherCraft/Mail 最新版」のご紹介」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「「誤送信防止ソリューション CipherCraft/Mail 最新版」のご紹介」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50023178


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ