グローバリゼーションとしての ERP 活用事例

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/11/18

グローバリゼーションとしての ERP 活用事例


マイクロソフト/辻・本郷税理士法人/シーイーシー


グローバリゼーションとしての ERP 活用事例のセミナー概要 グローバリゼーションとしての ERP 活用事例の申込み



開催日時

2008年12月2日(火) 13:30〜17:00|申込み締切 2008年12月2日(火)
会  場 マイクロソフト株式会社 小田急サザンタワー6F
東京都渋谷区代々木2-2-1 小田急サザンタワー
新宿駅サザンテラス口より徒歩2分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|経営者CIO

会員限定で「グローバリゼーションとしての ERP 活用事例」の続きが読めます

グローバリゼーションとしての ERP 活用事例」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「グローバリゼーションとしての ERP 活用事例」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

統合業務ソフトウェア OBIC7 【オービック】 経営基盤ソリューション 『 SuperStream-NX 』 【スーパーストリーム】 サービス業やIT業に欠かせないプロジェクト単位の収支管理をどう徹底する? 【日本オラクル】
ERP ERP ERP
会計・人事・販売・生産の各業務システムは個別導入が可能。様々な業種に対応するテンプレートをもつ統合業務ソフトウェア。 ◎会計:完全Web対応の優れた操作性 / 日本の法制度に迅速に対応/多言語・多通貨によるグローバル対応
◎人事給与:高度なタレント管理、人材の適性配置・育成を実現
サービス業やIT業に欠かせないプロジェクト単位の収支管理をどう徹底する?

「ERP」関連の特集


日本企業の海外シフトが進む中、基幹システムとなるERPも海外展開を意識した選択が必要に。そこで注意し…



ビッグデータを売上促進やリスク回避などに活用する場合、ERPのデータを軸としつつ、様々な情報を加えて…



10年以上使い続けることも当たり前のERPなどの基幹業務システム。昔導入したモノは現在もマトモに使え…


「ERP」関連のセミナー

Biz∫SCAW製番管理システム製品説明会 【大阪】 【エヌ・ティ・ティ・データ関西】 締切間近 

開催日 5月10日(木),4月12日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

 業務効率化を進める上で業種業態を問わず、業務の統合マネジメントは重要なテーマとなっています。受注生産・個別受注生産形態をベースとしている「Biz∫SCAW製番…

超寿命ERP「ProActive E2」 製品紹介セミナー 【SCSK】  

開催日 5月16日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ProActive E2 は、“ProActive”シリーズの発売開始から25年間で得た豊富な導入実績と業務ノウハウ、そして確かな技術を礎に生み出された、SCS…

Biz∫SCAW製番管理システム製品説明会 【東京】 【エヌ・ティ・ティ・データ関西】  

開催日 5月11日(金),4月13日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

 業務効率化を進める上で業種業態を問わず、業務の統合マネジメントは重要なテーマとなっています。受注生産・個別受注生産形態をベースとしている「Biz∫SCAW製番…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

グローバリゼーションとしての ERP 活用事例」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「グローバリゼーションとしての ERP 活用事例」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50022995


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ