【CA Genセミナー】企業システム資産を棄て続けますか?

IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/11/08

【CA Genセミナー】企業システム資産を棄て続けますか?


ジェー・アイ・イー・シー/日本CA


【CA Genセミナー】企業システム資産を棄て続けますか?のセミナー概要 【CA Genセミナー】企業システム資産を棄て続けますか?の申込み



開催日時

2008年12月5日(金) 15:00〜17:30|申込み締切 2008年12月4日(木)
会  場 日本CA セミナールーム
東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル39F
JR「新宿駅」西口より徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|プログラマ

会員限定で「【CA Genセミナー】企業システム資産を棄て続けますか?」の続きが読めます

【CA Genセミナー】企業システム資産を棄て続けますか?」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「【CA Genセミナー】企業システム資産を棄て続けますか?」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

APIを内部連携に活用、ANAが実践する迅速性と柔軟性を追求したアプリ開発とは? 【CA Technologies】 セブン銀行が構築、FinTechやAPI連携を見据えたシステム連携基盤とは? 【日本アイ・ビー・エム】 API活用で医療統計データを提供、公開と運用を一元管理する仕組みとは? 【日本アイ・ビー・エム】
開発ツール 開発ツール 開発ツール
APIを内部連携に活用、ANAが実践する迅速性と柔軟性を追求したアプリ開発とは? セブン銀行が構築、FinTechやAPI連携を見据えたシステム連携基盤とは? API活用で医療統計データを提供、公開と運用を一元管理する仕組みとは?

「開発ツール」関連の特集


一時期の過熱したブームが過ぎ去ったUMLツール。喧騒の後、どんな進化を遂げてきたのか。今、その実力を…



昨年オフィスを移転し、より生産性の高い環境を作り出したKDDIウェブコミュニケーションズ。2017年…



2007年度の国内出荷金額が前年比9.9%増の9億円、2008年度も前年比13.3%増と見込まれ、拡…


「開発ツール」関連のセミナー

【仙台開催】企業価値を高める働き方改革セミナー 【キーウェアソリューションズ】  

開催日 8月29日(火)   開催地 宮城県   参加費 無料

 日本の労働人口が今後ますます減少する中、働き方改革は単に長時間労働を是正するだけに留まらず、限られた人的資源でいかに生産性を向上させ、企業競争力を維持・強化で…

【SER-3】Ranorexハンズオンセミナー 【テクマトリックス】  

開催日 9月11日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

サンプルデスクトップアプリケーションのテストを中心に、Ranorexによる機能テストの方法をハンズオン形式で学びます。セミナーを通して、Ranorexの基本機能…

【SER-2】Ranorexハンズオンセミナー(大阪) 【テクマトリックス】 締切間近 

開催日 8月25日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

サンプルWebアプリケーションのテストを中心に、Ranorexによる機能テストの方法をハンズオン形式で学びます。セミナーを通して、Ranorexの基本機能と操作…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

【CA Genセミナー】企業システム資産を棄て続けますか?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「【CA Genセミナー】企業システム資産を棄て続けますか?」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50022799


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ