統合CRMで実現するコンタクトセンタにおける顧客対応力強化

IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/10/30

統合CRMで実現するコンタクトセンタにおける顧客対応力強化


マイクロソフト/伊藤忠テクノソリューションズ


統合CRMで実現するコンタクトセンタにおける顧客対応力強化のセミナー概要 統合CRMで実現するコンタクトセンタにおける顧客対応力強化の申込み



開催日時

2008年11月11日(火) 14:00〜17:00|申込み締切 2008年11月11日(火)
会  場 マイクロソフト株式会社 小田急サザンタワー6F
東京都渋谷区代々木2-2-1 小田急サザンタワー
新宿駅サザンテラス口より徒歩2分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

24名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|経営者CIO

会員限定で「統合CRMで実現するコンタクトセンタにおける顧客対応力強化」の続きが読めます

統合CRMで実現するコンタクトセンタにおける顧客対応力強化」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「統合CRMで実現するコンタクトセンタにおける顧客対応力強化」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

パーソナライズDMを自動配信――マーケティングが劇的に変わる次世代MAの正体 【FID】 効果的なデジタルマーケティングを実現する新時代の「AR」プロモーションとは? 【スターティアラボ】 顧客が求めるモノだけを作る トップランクの製造業による顧客基盤の生かし方 【セールスフォース・ドットコム】
CRM CRM CRM
パーソナライズDMを自動配信――マーケティングが劇的に変わる次世代MAの正体 効果的なデジタルマーケティングを実現する新時代の「AR」プロモーションとは? 顧客が求めるモノだけを作る トップランクの製造業による顧客基盤の生かし方

「CRM」関連の特集


統合的なCRMソリューションを提供しているtopベンダ3社に、現在のCRMトレンドや自社の強み、これ…



近年、新たなマーケティング手法として「インバウンド・マーケティング」という言葉が国内で定着しつつある…



 前回は、クラウドの導入によって、これまでの受身的な営業から提案型の営業への変革を推進し、いつでも誰…


「CRM」関連のセミナー

製造業のフィールドサービス大改革実践セミナー 【日立ソリューションズ】 締切間近 

開催日 1月25日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

 製造業を取り巻く環境が大きく変化しつつある今、「製造」業と言えど、旧来の「作って売る」というビジネスから保守などのアフターマーケット、サービス型のビジネスモデ…

テクマトリックス CRM FORUM 2018 【テクマトリックス】  

開催日 3月9日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

日本最大級のコンタクトセンター関係者向けイベント「テクマトリックス CRM FORUM 2018」を、2018年2月23日(金)、2018年3月9日(金)に大阪…

点検・保守・修理業務の報告書改革 【パナソニック インフォメーションシステムズ/G-Smart】  

開催日 2月15日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

点検・保守・修理業務では、作業依頼・手配〜作業完了、完了後の報告書作成〜承認まで、非常に多くの時間とコストを費やしています。未だに手書きの報告作 成も多くの現場…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

統合CRMで実現するコンタクトセンタにおける顧客対応力強化」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「統合CRMで実現するコンタクトセンタにおける顧客対応力強化」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50022657


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ