「SAP(R) Business One」プライベートセミナー(名古屋開催)

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 中部・北陸 > 愛知県 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/10/21

「SAP(R) Business One」プライベートセミナー(名古屋開催)


NECネクサソリューションズ/SAPジャパン


「SAP(R) Business One」プライベートセミナー(名古屋開催)のセミナー概要 「SAP(R) Business One」プライベートセミナー(名古屋開催)の申込み



開催日時

2008年11月19日(水) 16:00〜17:00|申込み締切 2008年11月18日(火)
会  場 Walk In Solution Center 中部
愛知県名古屋市中区錦1-17-1(NEC中部ビル)
市営地下鉄東山線・鶴舞線 伏見駅 9番・10番出口より徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

1社限定5名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|全社スタッフ

会員限定で「「SAP(R) Business One」プライベートセミナー(名古屋開催)」の続きが読めます

「SAP(R) Business One」プライベートセミナー(名古屋開催)」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「「SAP(R) Business One」プライベートセミナー(名古屋開催)」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「その他基幹系システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他基幹系システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他基幹系システム関連」関連の製品

固定資産管理ソリューション ProPlus Fixed Assets Suite 【プロシップ】 AsReaderApps 【アスタリスク】 財務統合管理システム 「Fusion」 【Profit Cube】
その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連
4100社超の導入実績を誇り、進化し続ける固定資産管理ソリューション。IFRS対応はもちろんキメ細かな固定資産管理を実現。多言語・多通貨にも対応。 iPhone/ iPod touchにインストールして使用するクラウド型業務アプリケーションサービス。バーコードだけでなく、RFID対応のアプリケーションもある。 借入/貸付金、有価証券や社債などの財務データをグループ企業全体で一元管理。必要に応じてモジュールの段階的な導入も可能。会計システムへの仕訳出力機能も標準で実装。

「その他基幹系システム関連」関連の特集


検索性を高める技術として注目されたセマンティックWebは、「データの統合技術」としても評価されてきて…



ユビキタス社会を実現する技術として、注目されている「RFID」。“バーコードとの違いは何?!”と思っ…



最近では年商100億円未満規模の企業でも、海外でのビジネス展開を検討するケースが増えている。企業が直…


「その他基幹系システム関連」関連のセミナー

Salesforce等「基幹クラウド」からの帳票出力をラクにする! 【日本オプロ/コクヨ】  

開催日 3月8日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

近年、クラウドの活用は基幹系の業務システムにまで広がりを見せています。しかし、この際に課題となるのが帳票類の出力です。債権管理、受発注、製造、物流と、あらゆる業…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

「SAP(R) Business One」プライベートセミナー(名古屋開催)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「「SAP(R) Business One」プライベートセミナー(名古屋開催)」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50022511


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ