技術者のための文書作成能力向上セミナー

IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/10/16

技術者のための文書作成能力向上セミナー


イーソル エンベックス


技術者のための文書作成能力向上セミナーのセミナー概要 技術者のための文書作成能力向上セミナーの申込み



開催日時

2008年12月4日(木)〜2008年12月5日(金) 10:00〜17:00|申込み締切 2008年11月28日(金)
会  場 イーソル エンベックス 中野坂上トレーニングセンター
東京都中野区本町2-2-2 YSビル7階
東京メトロ丸ノ内線・都営大江戸線中野坂上駅より徒歩5分

地図はこちら
参加費

有料 6万8250円(税込)
定 員

20名
こんな方にオススメ

プログラマ |ネットワークの設計・運用|システムの設計・運用

会員限定で「技術者のための文書作成能力向上セミナー」の続きが読めます

技術者のための文書作成能力向上セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「技術者のための文書作成能力向上セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「その他開発関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他開発関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他開発関連」関連の製品

3種の具体例に学ぶ、成果を生み出せるアプリ開発のポイントとは 【アイエンター】 業務システムからECサイトまで幅広く対応――受託型/ラボ型開発のメリットは? 【アイエンター】 AR/VR/MRをビジネスに生かすには? 良質なアプリを開発する秘訣と活用方法 【アイエンター】
その他開発関連 その他開発関連 その他開発関連
3種の具体例に学ぶ、成果を生み出せるアプリ開発のポイントとは 業務システムからECサイトまで幅広く対応――受託型/ラボ型開発のメリットは? AR/VR/MRをビジネスに生かすには? 良質なアプリを開発する秘訣と活用方法

「その他開発関連」関連の特集


情シスと業務部門が持つジレンマの解決に貢献するノンプログラミング開発。その特徴や普及状況、導入事例ま…



脳と機械を接続する技術の総称であるBMIに関して研究者達が提言した「BMI倫理綱領3基準」。未来を見…



明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。引き続き、「要件定義の進め方(2)」と…


「その他開発関連」関連のセミナー

上司から突然「アジャイルで」と言われた担当者のための導入講座 【ラーニング・ツリー・インターナショナル】  

開催日 12月19日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

急速に新しい技術や市場が展開し、アジャイル開発への期待値が高まる中、トップダウンでアジャイル導入を施策に掲げる組織が増えています。しかし、「とはいってもそもそも…

多言語マニュアル品質のモヤモヤを解決する3つのポイント 【PFUテクニカルコミュニケーションズ】 締切間近 

開催日 11月28日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

多言語翻訳について、次のようなモヤモヤはありませんか?・多言語マニュアルの「品質」が本当に良いのかどうか不安・翻訳会社に任せっきりで、翻訳が上がってきても何を確…

【無料セミナー・15名】インドから学ぶグローバル人材育成 【NTTデータ・グローバル・テクノロジー・サービス・ジャパン】 締切間近 

開催日 11月22日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

〜日本企業のグローバル化に向けた取り組みとCross Culture Communication〜昨今、国内需要の低迷とあわせ、新興国をはじめとする海外の市場成…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

技術者のための文書作成能力向上セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「技術者のための文書作成能力向上セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50022350


IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ