IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/10/09

さわってみよう Salesforce


リコーテクノシステムズ


さわってみよう Salesforceのセミナー概要 さわってみよう Salesforceの申込み



開催日時

2008年10月31日(金) 14:00〜17:30|申込み締切 2008年10月30日(木)
会  場 リコーテクノシステムズ スクール東京会場
東京都台東区浅草橋5丁目20番8号 CSタワー7階
浅草橋駅より徒歩10分
秋葉原駅より徒歩約15分
新御徒町駅より徒歩約10分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

12名
こんな方にオススメ

営業・販売 |経営者CIO

会員限定で「さわってみよう Salesforce」の続きが読めます

さわってみよう Salesforce」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「さわってみよう Salesforce」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

マルチチャネル時代に生きる、コールセンターの新たなCRM戦略 【バーチャレクス・コンサルティング】 統合型CRMソリューション Visionary 【フュートレック】 データ活用時代に生き残るための、新たなデータ分析基盤戦略とは 【システムサポート+他】
CRM CRM CRM
コールセンターの顧客接点は電話やメールだけにとどまらない。顧客にまつわる情報共有を強化し、企業のCRM戦略に生かすためにはどのような環境構築が必要となるのだろう。 「顧客を知る」ための多彩な機能を備え、マーケティング施策の効果向上を支援するCRM(顧客管理)ソリューション。
O2Oに対応した機能により、店舗とECの統合管理が可能。
データ分析に注目していても、その基盤を整えるためのコストや手間が障壁となっている企業は多い。しかし手の届くDWHがあれば、データ活用時代に競争力を増せるはずだ。

「CRM」関連の特集


CRMの重要性が分かっても、今度は「どの企業の、どのシステムを選べばいいのか?」という悩みが浮上して…



 前回、名刺情報や展示会の来場者リストなど、すべての顧客情報をデータベース化する重要性をお伝えしまし…



今、再注目される「統合CRM」。その背景や導入効果、最新機能を徹底解説します!業務中に「つぶやく」こ…


「CRM」関連のセミナー

中小企業のビジネス課題解決 3つのポイント 【ゾーホージャパン】 締切間近 

開催日 5月23日(火),5月30日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

「売上向上のために新規に販路拡大が必要」「優秀な営業人材を確保できない」「営業経験や人脈が経営者にしかない」など、経済規模が縮小し続ける今日、日本の中小企業が直…

リードナーチャリングは自社に合わせて設計を 【インターパーク】 締切間近 

開催日 5月26日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

B2Bマーケティングの発展が著しい昨今。各社ノウハウやテクノロジーを駆使したその運用効果に期待を寄せています。合わせてリードナーチャリングへの取り組みを始める企…

【IT業界向け】MAを活用した顧客獲得・維持マーケティング 【マルケト】 締切間近 

開催日 6月2日(金)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

IT関連製品・サービスなどを提供するIT事業者の方に向けたセミナーを開催いたします。ITサービス業界は市場が拡大し続ける一方で、サービスの乱立・低価格化による新…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

さわってみよう Salesforce」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「さわってみよう Salesforce」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50022280


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ