散在するIDを適切に管理するためには?

IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/10/01

散在するIDを適切に管理するためには?


日本ユニシス 協賛:マイクロソフト/CSK Winテクノロジ


散在するIDを適切に管理するためには?のセミナー概要 散在するIDを適切に管理するためには?の申込み



開催日時

2008年10月30日(木) 14:00〜17:15|申込み締切 2008年10月30日(木)
会  場 日本ユニシス 本社6階 セミナールームA
東京都江東区豊洲1-1-1
地下鉄:有楽町線豊洲駅下車(2番出口)徒歩10分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|経営者CIO

会員限定で「散在するIDを適切に管理するためには?」の続きが読めます

散在するIDを適切に管理するためには?」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「散在するIDを適切に管理するためには?」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

働き方改革で生じるデバイスやIDの管理とセキュリティの問題を解消する方法とは 【日本マイクロソフト株式会社】 Entrust Datacard -AUTHENTICATION CLOUD SERVICE 【エントラストジャパン株式会社】 「働き方改革」のせいで“1人情シス”の仕事が増加? 悲劇を招かない方法とは 【JBサービス+他】
ID管理 ID管理 ID管理
デバイス・ID管理の問題を解決しなければ、働き方は改革できない 狙われる“ID”――クラウド環境で急増するアプリIDをどう守る? どんなIT製品/サービスも「導入したら終わり」ではない。「導入後の運用をどうするか」という点も考慮すれば、おのずと選ぶべき手段は見えてくる。

「ID管理」関連の特集


J-SOX対応のためIT統制への取り組みは不可欠。IT統制の中でも重要な「ID管理」について、課題と…



2009年度の「統合ID管理ツール」シェアをお届けします!数量(導入社数)シェアで、23.7%を獲得…



2010年度、プラス推移となった「アイデンティティ管理ツール」市場。その理由とは?同製品のシェアデー…


「ID管理」関連のセミナー

事例から学ぶ特権ID管理セミナー:製品選定のポイントと活用事例 【NTTテクノクロス】  

開催日 8月24日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

IT統制の取り組みがスタートし、IT全般統制などの法令監査において特権IDの管理に関する監査が、年々厳しさを増しています。また、マイナンバーやPCI DSSなど…

事例から学ぶ特権ID管理セミナー:製品選定のポイントと活用事例 【NTTテクノクロス】  

開催日 7月20日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

IT統制の取り組みがスタートし、IT全般統制などの法令監査において特権IDの管理に関する監査が、年々厳しさを増しています。また、マイナンバーやPCI DSSなど…

監査法人から見た、認証とID管理/特権ID管理 【オープンソース活用研究所】  

開催日 7月11日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

【ユーザー企業のシステム担当者同士の情報交換】ユーザー企業の情報システム部門の方や、システム担当の方から、「他社の情報システム部門の方と情報交換するような場は無…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

散在するIDを適切に管理するためには?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「散在するIDを適切に管理するためには?」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50022191


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ