IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/09/17

HULFT7リリース発表会


セゾン情報システムズ


HULFT7リリース発表会のセミナー概要 HULFT7リリース発表会のプログラム HULFT7リリース発表会の申込み



開催日時

2008年10月8日(水) 13:00〜17:40|申込み締切 2008年10月7日(火)
会  場 ホテルモントレ大阪
大阪府大阪市北区梅田3-3-45
JR大阪駅:徒歩3分
御堂筋線梅田駅:徒歩13分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

100名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|経営者CIO

会員限定で「HULFT7リリース発表会」の続きが読めます

HULFT7リリース発表会」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「HULFT7リリース発表会」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「EAI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「EAI」関連情報をランダムに表示しています。

「EAI」関連の製品

Magic xpi Integration Platform 【マジックソフトウェア・ジャパン】 データ加工・変換ツール 「DataMagic」 【セゾン情報システムズ】 データ連携ミドルウェア 「ASTERIA WARP」 【インフォテリア】
EAI EAI EAI
ノンコーディングでシステム連携を実現する開発環境と実行プラットフォーム。66種/500機能もの多彩なアダプタを装備し、短期間かつ低コストでシステム連携を実現する。 膨大なデータのフォーマット変換、必要なデータの抽出・DBへの格納など、業務に必要なデータ変換をノンプログラミング・低コストで実現するデータ加工・変換ツール 企業内の様々なデータをノン・プログラミングで高速・簡単に連携するデータ連携ミドルウェア。
5,000社以上への導入実績を持ち、9年連続国内シェアNo.1を獲得。

「EAI」関連の特集


データウェアハウスの構築にとどまらず、データの統合・連結など幅広く活躍中の「ETLツール」を基本から…



「SOA」で成功する企業と失敗する企業の差は何なのか?今回は、SOAの現状を確認した上で、成功するた…



企業内にばらばらに点在しているシステム同士を相互に連携させるEAI。現在、Webサービス、SOAなど…


「EAI」関連のセミナー

奉行ユーザ向け −Tsunagu for 奉行 ハンズオンセミナー− 【日本電通】  

開催日 3月23日(木),4月12日(水),5月24日(水),6月15日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

奉行の“汎用データ受入”を最大限活用しましょう!OBCの奉行i8/V ERP8 シリーズと他システムへのデータ連携をノンプログラミングでダイレクトに、しかも低コ…

データ変換ソリューション紹介セミナー 【データ・アプリケーション】 締切間近 

開催日 4月27日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

企業情報システムには、様々な業務システムが存在し、データ移行やデータ連携を行う際にはプログラムが個別に開発されているのが現状です。これらのプログラムは複雑化し、…

奉行ユーザ向け −Tsunagu for 奉行 ハンズオンセミナー− 【日本電通】  

開催日 3月16日(木),4月27日(木),5月25日(木),6月22日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

奉行の“汎用データ受入”を最大限活用しましょう!OBCの奉行i8/V ERP8 シリーズと他システムへのデータ連携をノンプログラミングでダイレクトに、しかも低コ…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

HULFT7リリース発表会」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「HULFT7リリース発表会」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50021914


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ