IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/09/05

「Dr.Sum EA」製品紹介セミナー


ウイングアーク テクノロジーズ


「Dr.Sum EA」製品紹介セミナーのセミナー概要 「Dr.Sum EA」製品紹介セミナーのプログラム 「Dr.Sum EA」製品紹介セミナーの申込み



開催日時

2008年10月8日(水)|申込み締切 2008年10月8日(水)
会  場 ウイングアーク テクノロジーズ 西日本営業部セミナールーム
大阪府大阪市中央区南本町2-6-12 サンマリオンNBFタワー18F
地下鉄御堂筋線・中央線「本町」駅9番出口より東へ徒歩4分
地下鉄堺筋線・中央線「堺筋本町」駅8番出口より西へ徒歩3分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

24名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |ネットワークの設計・運用|情報システム部の統括

会員限定で「「Dr.Sum EA」製品紹介セミナー」の続きが読めます

「Dr.Sum EA」製品紹介セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「「Dr.Sum EA」製品紹介セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 ナレッジ共有型BIツール「Data Knowledge」 【クロスユーアイエス】 インテル 統合分析プラットフォーム 【インテル】
BI BI BI
“かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。
簡単操作でDBからデータを抽出し、集計・加工・出力処理できる「全社員のデータ活用を実現するため」のBIツール。ナレッジ/情報共有機能など、現場で役立つ機能を搭載。 多様なデータを統合管理、DWHの制限を取り払う「統合分析ハブ」

「BI」関連の特集


復号時に読み取られることを回避すべく暗号化したままデータ分類を行う「暗号化データマイニング」が登場!…



「一太郎」や「ATOK」を筆頭に、現在では各種集計・検索ソリューション、更にはBI製品なども展開して…



経営戦略に欠かせない経営データの集計、可視化、戦略の検討……ユーザー部門などの現場で簡単に確認できる…


「BI」関連のセミナー

Qlik Sense Tour 東京 【クリックテック・ジャパン】 注目 

開催日 7月13日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

「セルフサービスBI」とはよく耳にするようになったものの、真の「セルフサービス」とは何を指すのか?BIからビジネスチャンスを導き出す方法や、最新トレンド情報、導…

使いやすさを実感!LaKeel BI製品体験 無料セミナー 【レジェンド・アプリケーションズ】  

開催日 7月21日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

LaKeel BIは、シンプルな操作性、豊富なテンプレート、徹底したサポートによって、「誰でも、簡単に使いこなすことができる」セルフサービスBIです。本セミナー…

マイクロストラテジー・アナリティクス・アーキテクチャ説明会 【マイクロストラテジー・ジャパン】  

開催日 7月14日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

現場で活躍する弊社エンジニアがMicroStrategy製品の機能を包括的にご紹介するハンズオン体験つきのセミナーです。本セミナーでは、多様な分析要件に対応する…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

「Dr.Sum EA」製品紹介セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「「Dr.Sum EA」製品紹介セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50021828


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ