IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 中部・北陸 > 愛知県 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/09/05

「Dr.Sum EA」製品紹介セミナー


ウイングアーク テクノロジーズ


「Dr.Sum EA」製品紹介セミナーのセミナー概要 「Dr.Sum EA」製品紹介セミナーのプログラム 「Dr.Sum EA」製品紹介セミナーの申込み



開催日時

2008年10月17日(金)|申込み締切 2008年9月19日(金)
会  場 ウイングアーク テクノロジーズ 中部日本営業部オフィス
愛知県名古屋市中区錦2-3-4 名古屋錦フロントタワー3F
地下鉄桜通線・鶴舞線「丸の内」駅 5番出口すぐ
「丸の内」駅は「名古屋」駅から桜通線で3分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

18名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |ネットワークの設計・運用|情報システム部の統括

会員限定で「「Dr.Sum EA」製品紹介セミナー」の続きが読めます

「Dr.Sum EA」製品紹介セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「「Dr.Sum EA」製品紹介セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

オールインワン・セルフBIツール「LaKeel BI」 【レジェンド・アプリケーションズ 】 その品質管理、「顧客目線」で取り組めていますか? 【SAS Institute Japan】 OfficeソフトのようなBIツールで「情シス依存」を解消! 【ジャストシステム】
BI BI BI
ETL機能搭載。データ集計・分析・レポーティングをこれ1つで実現できるオールインワンBIツール。
サーバライセンス型のため、大人数での利用も一定コストで可能。
その品質管理、「顧客目線」で取り組めていますか? “かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。

「BI」関連の特集


クラウド時代に問い直される情シス部門の存在価値。「データサイエンティスト」の役割を担うことで拓ける情…



セルフサービスBIを使いこなす従業員が1100人もいるNTTデータ。ユーザー部門が主体となってダッシ…



BIって難しいモノで、専門の人しか触れないと思っていませんか?それは大きな間違いなんです!ぜひココで…


「BI」関連のセミナー

BIツール・BOARD体験セミナー 【日本ラッド】  

開催日 12月7日(木),12月14日(木),12月21日(木),12月28日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

初めてBIツールを検討される方へ求めているBIツールが見つからない方へ既存のBIツールにご満足されていない方へBIツール・BOARDを使って、もっと自由に!もっ…

WebFOCUSハンズオンセミナー 【アシスト】  

開催日 1月23日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

見て体験してこそ分かる『WebFOCUS』を使用した情報活用成功術みなさんで情報活用できていますか?たとえば、社員に情報活用してもらいたいけれど・・・ ▼ユーザ…

見える化から始まるIoT =オフィスの見える化から知るIoTの実際= 【NTTテクノクロス】  

開催日 11月22日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

NTTテクノクロス横浜オフィスで9月から始まった清水建設の実証実験を中心に、当社の工場IoTでの経験を含め、事例をベースとしたIoTにおける「見える化」の重要性…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

「Dr.Sum EA」製品紹介セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「「Dr.Sum EA」製品紹介セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50021826


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ