IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/09/04

可視化ツール「MyB3Smart」で見える化


主催:アテネコンピュータシステム


 可視化ツール「MyB3Smart」で見える化のセミナー概要  可視化ツール「MyB3Smart」で見える化の申込み



開催日時

2008年10月15日(水)〜2008年10月17日(金) 10:00〜17:30|申込み締切 2008年10月9日(木)
会  場 東京ビッグサイト(東京国際展示場)
東京都江東区有明3-21-1
ゆりかもめ 国際展示場正門駅より徒歩約3分
りんかい線 国際展示場駅より徒歩約7分

地図はこちら
参加費

有料 2000円(消費税込み、事前登録者は無料)
定 員

なし
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括
参加者プレゼント
アンケートに答えていただくと素敵なプレゼントを差し上げます!

会員限定で「 可視化ツール「MyB3Smart」で見える化」の続きが読めます

可視化ツール「MyB3Smart」で見える化」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「 可視化ツール「MyB3Smart」で見える化」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「人事管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「人事管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「人事管理システム」関連の製品

少子高齢化時代の雇用問題を解消、働きやすいIT環境を作る7つの条件 【東日本電信電話】 POSITIVE(タレントマネジメント、人事給与、勤怠管理) 【電通国際情報サービス】 グローバル人材マネジメントサービス Cultiiva Global/HM 【NEC】
人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム
少子高齢化時代の雇用問題を解消、働きやすいIT環境を作る7つの条件 2000社超の導入実績で培ったノウハウを活かした製品。人事・給与・就業管理に加えて、タレントマネジメントやグローバル人事など広範な機能を網羅した統合HCMパッケージ。 社員のプロファイルを見える化。人材マネジメントに関わる目標管理、パフォーマンス管理、キャリア開発、後継者管理などを効率的に実行し、人材戦略の実行を支援する。

「人事管理システム」関連の特集


 こんにちは。「5分会議」を活用した人財育成家 1分トークコンサルタントの沖本るり子です。1回目、2…



 別記事“5分でおさらい!今さら聞けない「マイナンバー」”では、税理士の菅沼先生がマイナンバーとはど…



「健康経営銘柄」などが新設され、株価や人材獲得の面でも注目されるようになった“健康経営”。従業員の医…


「人事管理システム」関連のセミナー

人財育成によるパフォーマンス向上と人事業務のOCR・RPA活用 【主催:NTTデータビジネスシステムズ/共催:電通国際情報サービス】 締切間近 

開催日 2月27日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

働き方改革が推進される中、 「多様な働き方」、「労働時間の短縮」、「人財管理・育成」からの「生産性向上」、などをテーマに各企業にて取組みが始まりつつある一方、実…

【人事ソリューションセミナー】これからの人事データ活用方法 【主催:オージス総研/協賛:さくら情報システム/JOE】  

開催日 2月22日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

【こんなお悩みをお持ちではないですか?】 ・目を掛けていた優秀な後輩が知らない間に辞めていた. . . ・最近、若手/中堅の離職が目立つが、離職要因がわからない…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

可視化ツール「MyB3Smart」で見える化」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「 可視化ツール「MyB3Smart」で見える化」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50021744


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ