IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/08/21

ワークフローと文書管理の導入の実際


マイクロソフト/NTTDカスタマサービス/OpenCubeDATA


ワークフローと文書管理の導入の実際のセミナー概要 ワークフローと文書管理の導入の実際の申込み



開催日時

2008年8月29日(金) 14:00〜17:00|申込み締切 2008年8月28日(木)
会  場 NTTデータ ショールームINFORIUM
東京都千代田区霞ヶ関3-2-5 霞ヶ関ビル30F

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

経営者CIO |システムの設計・運用|プログラマ

会員限定で「ワークフローと文書管理の導入の実際」の続きが読めます

ワークフローと文書管理の導入の実際」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「ワークフローと文書管理の導入の実際」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ワークフロー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークフロー」関連情報をランダムに表示しています。

「ワークフロー」関連の製品

クラウド型作業報告システム SmartAttack 【ソフトバンク コマース&サービス】 基幹システム連携/Webワークフロー基盤 楽々WorkflowII 【住友電工情報システム】 「電子サイン」と「電子署名」はどう違う? 業務で異なる文書変革のアプローチ 【アドビ システムズ】
ワークフロー ワークフロー ワークフロー
スマートフォン/タブレット(iOS、Android)などを用いて、即座の現場報告&報告書自動作成を実現できるクラウドサービス。報告業務の効率化・標準化・高度化を実現。 基幹業務のワークフローシステムを素早く簡単に作成するソフトウェア。単純な申請業務のワークフローならノンプログラミングでも構築可能。海外拠点を想定した多国語対応。 「電子サイン」と「電子署名」はどう違う? 業務で異なる文書変革のアプローチ

「ワークフロー」関連の特集


業務処理や承認プロセスを管理するワークフロー機能は様々な場面で活用されています。しかし、各業務に紐づ…



業務と業務の間をスムーズにつなぐ「ワークフローツール」。基本機能からメリット、最新動向まで、まとめて…



既存ユーザーの多くはグループウェアを連係して利用。一方の新規導入検討者らはグループウェアの中で運用し…


「ワークフロー」関連のセミナー

簡単!ワークフロー 『 X-point 』 操作体験セミナー 【ディーアイエスソリューション/エイトレッド】  

開催日 9月8日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

業務効率化(テレワーク)ができる業界シェアNo.1(※1)のワークフローを体験してみませんか? 説明を聞きながら、1人1台のパソコンを操作するので使いやすさを実…

事例で分かる!効果的なSharePoint活用のポイント! 【NTTデータ・スマートソーシング/TOSYS/富士通ビー・エス・シー】  

開催日 9月8日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

企業の情報システムにおいて、クラウドファーストの考え方が浸透する中、企業では「クラウドを使う、 使わない」から「パブリッククラウドとプライベートクラウドを適材適…

使いやすさで選ばれるワークフロー 【インフォテック】  

開催日 9月8日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

「紙運用の申請業務を効率化したい」「ワークフローシステムっていろいろあるけど、自分たちにピッタリ合う製品はどれ?」とお悩みの方、必見!成功するワークフロー選定の…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ワークフローと文書管理の導入の実際」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ワークフローと文書管理の導入の実際」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50021558


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ