IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/08/20

組込み系設計演習セミナー


UML教育研究所


組込み系設計演習セミナーのセミナー概要 組込み系設計演習セミナーの申込み



開催日時

2009年2月5日(木)〜2009年2月6日(金) 09:30〜17:30|申込み締切 2009年1月30日(金)
会  場 株式会社UML教育研究所 第五会議室
東京都新宿区新小川町6-29アクロポリス東京10F
JR(総武線)飯田橋駅より徒歩10分
地下鉄(有楽町線・東西線・南北線・大江戸線)飯田橋駅B1出口より、徒歩8分

地図はこちら
参加費

有料 9万4500円
定 員

12名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|プログラマ

会員限定で「組込み系設計演習セミナー」の続きが読めます

組込み系設計演習セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「組込み系設計演習セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

業務システム開発の部品組み立て型開発基盤 「楽々Framework3」 【住友電工情報システム】 画像処理ソフトウェア SDK ImageGear(イメージギア) 【ラネクシー】 Mendix App Platform(超高速開発ツール、モデル駆動) 【ビルドシステム】
開発ツール 開発ツール 開発ツール
データ中心設計(DOA)による徹底した標準化により、開発、保守工程の生産性向上を支援する部品組み立て型の開発基盤。小規模開発から大規模基幹システムまで幅広く対応。 世界最高水準の画像処理ソフトウェア開発キット。世界で5000万本以上の利用実績を持ち、2000以上の画像処理メソッド・プロパティを提供する。 ソースコードを記述することなくアプリケーションを作成できる超高速開発ツール。モバイルアプリから、IoT、Cognitive対応のアプリまで、専門知識なしで容易に作成。

「開発ツール」関連の特集


2007年度の国内出荷金額が前年比9.9%増の9億円、2008年度も前年比13.3%増と見込まれ、拡…



受注した新システムにはハードウェア・ミドルウェアに依存しない移植性の高さが求められ、Javaによる開…



OSSの利用で十分…。そんなことありません!実際は充実した変更管理機能を備える商用パッケージのほうが…


「開発ツール」関連のセミナー

現場のデータに活力を!簡単・手軽連携でオシゴトをパワーアップ 【インフォテリア】 締切間近 

開催日 2月24日(金)   開催地 愛知県   参加費 無料

【東京・大阪で好評のセミナーを名古屋で追加開催!】Excel、SharePoint、Dynamics CRM、Google Apps、Salesforce・・・…

【SEL-1】Lattixハンズオンセミナー 【テクマトリックス】  

開催日 3月13日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

サンプルプログラムに対して分析を行いながら、Lattixの基本機能と操作手順をご紹介します。また、サンプルコードを持参していただければ、持参されたコードに対して…

Object Browser 20周年 全国横断セミナー 【主催:システムインテグレータ】  

開催日 5月22日(月)   開催地 愛知県   参加費 無料

おかげさまで16,000社・36万ライセンスをご導入いただいたObject Browserは20年を迎えました。感謝の想いをこめて、最新情報を持参し、全国の皆様…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

組込み系設計演習セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「組込み系設計演習セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50021494


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ