システム開発・保守プロジェクトのQCDに目標値を持つ意味

IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/08/20

システム開発・保守プロジェクトのQCDに目標値を持つ意味


日本情報システム・ユーザー協会


システム開発・保守プロジェクトのQCDに目標値を持つ意味のセミナー概要 システム開発・保守プロジェクトのQCDに目標値を持つ意味の申込み



開催日時

2008年9月30日(火) 10:00〜17:00|申込み締切 2008年9月29日(月)
会  場 社団法人日本情報システム・ユーザー協会 研修室
東京都中央区日本橋堀留町1-10-11 井門堀留ビル3階
東京メトロ日比谷線「小伝馬町」徒歩2分、都営新宿線「馬喰横山」徒歩5分、都営浅草線「人形町」徒歩4分、JR総武快速「新日本橋」徒歩7分

地図はこちら
参加費

有料 3万6750円、会員:2万9400円
定 員

45名
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括|全社スタッフ

会員限定で「システム開発・保守プロジェクトのQCDに目標値を持つ意味」の続きが読めます

システム開発・保守プロジェクトのQCDに目標値を持つ意味」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「システム開発・保守プロジェクトのQCDに目標値を持つ意味」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「その他開発関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他開発関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他開発関連」関連の製品

3種の具体例に学ぶ、成果を生み出せるアプリ開発のポイントとは 【アイエンター】 AR/VR/MRをビジネスに生かすには? 良質なアプリを開発する秘訣と活用方法 【アイエンター】
その他開発関連 その他開発関連
3種の具体例に学ぶ、成果を生み出せるアプリ開発のポイントとは AR/VR/MRをビジネスに生かすには? 良質なアプリを開発する秘訣と活用方法

「その他開発関連」関連の特集


 前回は、調達の業者選定段階におけるセキュリティ取り組みを概説し、その意義、留意事項等に触れた。 今…



情シスと業務部門が持つジレンマの解決に貢献するノンプログラミング開発。その特徴や普及状況、導入事例ま…



 初代iPhone発売から9年が経ち、消費者がさまざまなシーンでスマートフォンを利用するようになった…


「その他開発関連」関連のセミナー

【SEJ-W1】ソースコードのバグ検出とテスト自動化セミナー 【テクマトリックス】  

開催日 10月27日(金)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

近年のアプリケーション開発では、ますます短納期での開発が求められており、それを実現する手段として「自動化」を取り入れたいといったニーズやが多くなっています。そし…

ベリサーブアカデミックイニシアティブ2017 【ベリサーブ】  

開催日 11月9日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

IoT 、AI、ビッグデータなどのITが益々高度化し、社会や生活の中で広く活用されてきています。それに伴い、提供されるシステムやサービスを支えるソフトウェアの信…

【SEU-W1】「Understand」最新版4.0のご紹介 【テクマトリックス】  

開催日 10月31日(火)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

関数や変数、ファイルといった様々な要素を詳細に解析し、既存コードの理解を強力にサポートする「高速コード解析ツール Understand」のご紹介です。 【以下の…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

システム開発・保守プロジェクトのQCDに目標値を持つ意味」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「システム開発・保守プロジェクトのQCDに目標値を持つ意味」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50021489


IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ