既存の経営情報活用システムは活用されていますか

IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/08/08

既存の経営情報活用システムは活用されていますか


日本ヒューレット・パッカード/ジール


既存の経営情報活用システムは活用されていますかのセミナー概要 既存の経営情報活用システムは活用されていますかの申込み



開催日時

2008年9月10日(水) 14:00〜17:00|申込み締切 2008年9月9日(火)
会  場 日本ヒューレット・パッカード株式会社 市ヶ谷本社
東京都千代田区五番町7番地 市ヶ谷本社
JR総武線 : 市ヶ谷駅 下車 徒歩3分
東京メトロ : 有楽町線、南北線(出口:2番/3番) 徒歩3分
都営地下鉄 : 新宿線(出口:A2番)徒歩3分 *A3出口ではありません

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|その他

会員限定で「既存の経営情報活用システムは活用されていますか」の続きが読めます

既存の経営情報活用システムは活用されていますか」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「既存の経営情報活用システムは活用されていますか」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

Actionista! 【ジャストシステム】 オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】 オールインワン・セルフBIツール「LaKeel BI」 【レジェンド・アプリケーションズ 】
BI BI BI
海外拠点のトレンドが一目でわかる衝撃。 役員が思わず使いたくなる分析ツール “かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。
豊富なテンプレート・徹底したサポートにより、「使いこなせる」BIツール。
分析が初めての方に必要な機能を1つにまとめたオールインワンパッケージ。

「BI」関連の特集


 前回は「スマートフォンの普及」と「ビッグデータの分類から見たスマートフォンから発生しているデータ」…



大企業から中堅中小企業まで幅広い製品ラインナップが揃った「BIツール」。最適な製品を選択するにはどん…



産学官で推進するジャパン・クラウド・コンソーシアムにM2M・ビッグデータWGが設立。M2M(Mach…


「BI」関連のセミナー

マイクロストラテジー・アナリティクス 体験会 【マイクロストラテジー・ジャパン】  

開催日 3月31日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

現場で活躍する弊社エンジニアがMicroStrategy製品のユーザー機能を中心にご紹介するハンズオン体験つきのセミナーです。本セミナーでは、多様な分析要件に対…

WebFOCUSハンズオンセミナー 【アシスト】  

開催日 4月20日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

見て体験してこそ分かる『WebFOCUS』を使用した情報活用成功術みなさんで情報活用できていますか?たとえば、社員に情報活用してもらいたいけれど・・・ ▼ユーザ…

WebFOCUSハンズオンセミナー 【アシスト】 締切間近 

開催日 3月3日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

見て体験してこそ分かる『WebFOCUS』を使用した情報活用成功術みなさんで情報活用できていますか?たとえば、社員に情報活用してもらいたいけれど・・・ ▼ユーザ…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

既存の経営情報活用システムは活用されていますか」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「既存の経営情報活用システムは活用されていますか」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50021458


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ