IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/08/01

組込み系ソフト設計入門セミナー


UML教育研究所


組込み系ソフト設計入門セミナーのセミナー概要 組込み系ソフト設計入門セミナーの申込み



開催日時

2009年1月20日(火)〜2009年1月21日(水) 09:30〜17:30|申込み締切 2009年1月9日(金)
会  場 株式会社UML教育研究所 第五会議室
東京都新宿区新小川町6-29アクロポリス東京10F
JR(総武線)飯田橋駅より徒歩10分
地下鉄(有楽町線・東西線・南北線・大江戸線)飯田橋駅B1出口より、徒歩8分

地図はこちら
参加費

有料 7万3500円(税込)
定 員

12名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|プログラマ

会員限定で「組込み系ソフト設計入門セミナー」の続きが読めます

組込み系ソフト設計入門セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「組込み系ソフト設計入門セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

法人向けスマートデバイスアプリ開発プラットフォーム「seap」 【ソフトバンク コマース&サービス】 多機能・高精細ビューイングエンジン PrizmDoc 【ラネクシー】 時間も費用もかかるシステム化を内製で解決、高速開発ツール活用・8つの事例 【ファイルメーカー】
開発ツール 開発ツール 開発ツール
ラーニング、アンケート、カタログ、ファイル共有などのビジネスでニーズの高いアプリを短期間でカンタンに導入可能。セキュリティ機能や運用管理機能も充実。 PrizmDoc は開発ツールです。Webアプリケーション上に構築するビューイングエンジンです。低コストで効率的に多機能・高精細ビューイングソフトを作成可能。 時間も費用もかかるシステム化を内製で解決、高速開発ツール活用・8つの事例

「開発ツール」関連の特集


一時期の過熱したブームが過ぎ去ったUMLツール。喧騒の後、どんな進化を遂げてきたのか。今、その実力を…



UML準拠は当たり前、今やBPMNやSysMLなどの周辺規格サポート状況が大きなウエイトを占めるよう…



リクルートが手掛けるモバイルPOSレジアプリ「AirREGI」、販売パートナーと受発注の管理をExc…


「開発ツール」関連のセミナー

3時間でできる!システム設計専用ツール 体験セミナー in 名古屋 【第一コンピュータリソース】  

開催日 7月12日(水)   開催地 愛知県   参加費 無料

画面イメージはHTMLで、概要はWordで、項目の定義はExcelで、など複数のツールを使い分けての設計書作成、本当に大変ですよね。仕様変更でテーブルの項目の桁…

“Excelでどこまでできるか”「StiLL」体験セミナー 【アイエルアイ総合研究所】  

開催日 7月26日(水)   開催地 愛知県   参加費 無料

Excelプラットフォームプログラム開発ツール『StiLL』のプログラム作成体験セミナーです。システム化ソリューション実現を “Excelでどこまでできるか” …

3時間でできる!システム設計専用ツール「VSSD」体験セミナー 【第一コンピュータリソース】  

開催日 7月14日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

画面イメージはHTMLで、概要はWordで、項目の定義はExcelで、など複数のツールを使い分けての設計書作成、本当に大変ですよね。仕様変更でテーブルの項目の桁…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

組込み系ソフト設計入門セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「組込み系ソフト設計入門セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50021353


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ