IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/08/01

組込み系ソフト設計入門セミナー


UML教育研究所


組込み系ソフト設計入門セミナーのセミナー概要 組込み系ソフト設計入門セミナーの申込み



開催日時

2009年1月20日(火)〜2009年1月21日(水) 09:30〜17:30|申込み締切 2009年1月9日(金)
会  場 株式会社UML教育研究所 第五会議室
東京都新宿区新小川町6-29アクロポリス東京10F
JR(総武線)飯田橋駅より徒歩10分
地下鉄(有楽町線・東西線・南北線・大江戸線)飯田橋駅B1出口より、徒歩8分

地図はこちら
参加費

有料 7万3500円(税込)
定 員

12名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|プログラマ

会員限定で「組込み系ソフト設計入門セミナー」の続きが読めます

組込み系ソフト設計入門セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「組込み系ソフト設計入門セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

カスタムメイド型業務アプリ作成ツール AppSuite(アップスイート) 【ネオジャパン】 業務システム開発の部品組み立て型開発基盤 「楽々Framework3」 【住友電工情報システム】 Web Performer 【キヤノンITソリューションズ】
開発ツール 開発ツール 開発ツール
紙、メール、Excel主体で行われている非効率な社内業務を簡単にシステム化できる業務アプリ作成ツール。各種書類のWeb化により業務効率アップを実現。 データ中心設計(DOA)による徹底した標準化により、開発、保守工程の生産性向上を支援する部品組み立て型の開発基盤。小規模開発から大規模基幹システムまで幅広く対応。 ノンプログラミングでJavaのWeb アプリを自動生成する、マルチブラウザ対応超高速開発ツール。コーディングの自動化とそれによる品質の均一化により開発期間短縮可能

「開発ツール」関連の特集


「Java」が浸透したことで、同じオブジェクト指向に基づく設計用言語、UML に注目が集まってきてい…



一言で「ノンプログラミング業務アプリ開発ツール」といっても、データベース機能以外の部分では各社が多様…



UML準拠は当たり前、今やBPMNやSysMLなどの周辺規格サポート状況が大きなウエイトを占めるよう…


「開発ツール」関連のセミナー

【SER-3】Ranorexハンズオンセミナー 【テクマトリックス】  

開催日 6月22日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

サンプルデスクトップアプリケーションのテストを中心に、Ranorexによる機能テストの方法をハンズオン形式で学びます。セミナーを通して、Ranorexの基本機能…

nexacroまるわかりセミナー 【日本ネクサウェブ】 締切間近 

開催日 6月7日(木),6月28日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーは、nexacro platformの最大の特長でもある、「ワンソースによるマルチブラウザ、マルチデバイス対応」を実現するフレームワークの仕組みや、実…

【SER-4】Ranorexハンズオンセミナー 【テクマトリックス】  

開催日 7月11日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

サンプルWebアプリケーションのテストを中心に、Ranorexによる機能テストの方法をハンズオン形式で学びます。セミナーを通して、Ranorexの基本機能と操作…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

組込み系ソフト設計入門セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「組込み系ソフト設計入門セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50021353


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ