情報活用を日常にするツールがここにある!

IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/07/26

情報活用を日常にするツールがここにある!


アシスト


情報活用を日常にするツールがここにある!のセミナー概要 情報活用を日常にするツールがここにある!の申込み



開催日時

2008年10月15日(水) 13:30〜17:00|申込み締切 2008年10月14日(火)
会  場 梅田センタービル28階 株式会社アシストセミナールーム
大阪府大阪市北区中崎西2-4-12
阪急/阪神/地下鉄 梅田駅より徒歩7分
または
JR大阪駅より徒歩10分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

12名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|システムの設計・運用

会員限定で「情報活用を日常にするツールがここにある!」の続きが読めます

情報活用を日常にするツールがここにある!」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「情報活用を日常にするツールがここにある!」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

高度なセルフBI:オラクルのデータ可視化サービス 【日本オラクル】 オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】 セルフサービスBI 軽技Web 【富士電機】
BI BI BI
特別なスキル不要で業務部門でも手軽に使えるクラウド型のデータ可視化サービス。
データを組み合わせ高度な分析ができる上、スモールスタートしやすいライセンス体系。
“かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。
導入企業900社。社内のデータベースに蓄積された販売管理、生産管理などの業務システムの情報活用から帳票出力まで、セルフサービス型BIツールでデータ分析を促進。

「BI」関連の特集


データを分析してビジネスに役立てたい。一見当たり前に思えることが実は難しい‥。そこで今回は、使える「…



2009年度の市場規模が200億円の「BIツール」。今後、好調な推移が見込まれている同製品の市場占有…



復号時に読み取られることを回避すべく暗号化したままデータ分類を行う「暗号化データマイニング」が登場!…


「BI」関連のセミナー

Qlik バーチャルイベント■ 2017年:データリテラシーの年■ 【主催 クリックテック・ジャパン】 締切間近 

開催日 4月4日(火)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

★事前登録者限定で、後日、本イベントのオンデマンド版を配信いたします。当日のご予定がまだ分からないという方も、是非お早めにお申込みください。多くの組織と従業員が…

経営効率化への第一歩!BIツール活用ガイダンス 【内田洋行】  

開催日 4月13日(木),5月17日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

BIのことよく知らないけど、気になってる…BI導入したいけど、導入してから何をすればいい?また、BIは導入したけれど、上手に活用できていない気がする、という悩み…

Cloud解析 powered by Tableau ハンズオンセミナー 【JBCC】  

開催日 5月22日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

ビジネスにおいて欠かせないものになった、データ解析。「Cloud解析 powered by Tableau」を利用して、レポート作成における膨大な時間や工数を削…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

情報活用を日常にするツールがここにある!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「情報活用を日常にするツールがここにある!」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50021277


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ