情報活用を日常にするツールがここにある!

IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/07/26

情報活用を日常にするツールがここにある!


アシスト


情報活用を日常にするツールがここにある!のセミナー概要 情報活用を日常にするツールがここにある!の申込み



開催日時

2008年9月11日(木) 13:30〜17:00|申込み締切 2008年9月10日(水)
会  場 梅田センタービル28階 株式会社アシストセミナールーム
大阪府大阪市北区中崎西2-4-12
阪急/阪神/地下鉄 梅田駅より徒歩7分
または
JR大阪駅より徒歩10分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

12名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|システムの設計・運用

会員限定で「情報活用を日常にするツールがここにある!」の続きが読めます

情報活用を日常にするツールがここにある!」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「情報活用を日常にするツールがここにある!」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 マンガですぐ理解! 部門別で分かるデータ分析のお悩み解決法「Actionista!」 【ジャストシステム】 Excelをドラッグ&ドロップで分析を開始できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】
BI BI BI
達成率だけでは見えない、正しい戦略を引き出すためのBIツール活用術 マンガですぐ理解! 部門別で分かるデータ分析のお悩み解決法 専用クライアント不要。ブラウザベースで「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え分析結果を組織内で自由に共有することが可能。

「BI」関連の特集


無料のプランも? セルフサービスBIは手軽に使えるものとして評判が高いですが、利用形態やプランが豊富…



セルフサービスBIを使いこなす従業員が1100人もいるNTTデータ。ユーザー部門が主体となってダッシ…



非常に便利な「セルフサービスBI」ツールだが、使いこなすには少し工夫が必要だ。どうすればより効果的に…


「BI」関連のセミナー

日本初開催! 次世代統合型BI「Sisense」Day@神田 【グランバレイ/Sisense Japan】 注目 

開催日 3月8日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

最新のBI・クラウド・IoT・AI・ブロックチェーンといった新たな技術を用いて、業務や情報のやり取りを高速化・効率化する「デジタル・トランスフォーメーション」の…

Let's Start Microsoft Power BI 【大塚商会】  

開催日 2月16日(金),3月16日(金)   開催地 大阪府   参加費 有料 2万7000円(税込)

【研修コースの目的】マイクロソフトが提供するPower BIを利用して社内データ視覚化などBI(ビジネスインテリジェンス)を始められる方が、無償ツールのPowe…

使いやすさを実感!LaKeel BI製品体験 無料セミナー 【レジェンド・アプリケーションズ】  

開催日 2月23日(金),3月8日(木),3月27日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

LaKeel BIは、シンプルな操作性、豊富なテンプレート、徹底したサポートによって、「誰でも、簡単に使いこなすことができる」セルフサービスBIです。本セミナー…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

情報活用を日常にするツールがここにある!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「情報活用を日常にするツールがここにある!」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50021276


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ