IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/07/11

Oracle Green IT Forum 2008


日本オラクル


Oracle Green IT Forum 2008のセミナー概要 Oracle Green IT Forum 2008のプログラム Oracle Green IT Forum 2008の申込み



開催日時

2008年8月6日(水)|申込み締切 2008年8月6日(水)
会  場 ベルサール八重洲
東京都中央区八重洲1-3-7八重洲ファースト フィナンシャルビル3F

地図はこちら
参加費

無料
定 員

150名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|その他


セミナー概要

CO2排出量の削減は地球規模で企業が取り組むべき重大な課題になっています。環境経営を行う上でITの果たすべき役割は多くあります。こういった Green ITは省エネルギー機器やデータセンタの効率化だけで語るべき話ではありません。Green ITはIT自身の効率化、最適化による省エネルギーはもちろんのこと、ITによるビジネス・プロセスの簡素化、ビジネスの効率化といったビジネス視点によるITシステムの構築が必要不可欠となります。
本セミナーでは、オラクル社自身の取り組みもご紹介をしながら、「Green IT」を実現するための主要技術やソリューションをご紹介します。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2008/08/06
13:30〜14:30

IT基盤効率化によるグリーンIT戦略

グリーンITとは環境のためにITの効率性を犠牲にすることではありません。IT基盤の効率性を向上することでコスト面のメリットを得て、同時に環境問題への貢献を行うための戦略です。
また、グリーンITの対象はデータセンタ設備やハードウェア機器に限定されるものでもありません。
本講演では、あるべきグリーンIT戦略実行のための総合的なアプローチについて提言いたします。
講師 栗原 潔
株式会社テックバイザージェイピー
代表弁理士
2008/08/06
14:40〜15:40

ビジネス視点のITでグリーンITを考える

グリーンITを実現するためには、ITによるビジネスの効率化とITインフラの効率化の両方を実現する必要があります。ビジネス・プロセスとITを共に効率化することによって、企業活動で使用するエネルギーを削減するだけではなく、企業の競争力自身を向上させることが可能となります。
本セッションではITインフラストラクチャからビジネス・アプリケーションまでトータルでソリューションを提供するオラクル社の立場より、ビジネス視点から見た新しいITのあるべき姿を提案します。
講師 三澤智光
日本オラクル株式会社
常務執行役員 製品戦略統括本部長
2008/08/06
15:50〜16:50

肥大化するデータの効率管理からグリーンITに対処する ストレージ使用量を大幅削減するデータ圧縮と情報ライフサイクル管理ソリューション

内部統制強化によるデータの長期保持や、トランザクションの爆発的な増大などにより、企業が取り扱うデータベースのサイズは増大の一途をたどっています。データ容量の増加にともなって、ストレージを含めたITの消費電力、発熱量の増加が、情報システムにおける新たな課題となっています。本セッションでは、データ量増大に根本的に対処するために、Oracle Database 11gで大幅に拡張された、データ圧縮技術やストレージ管理効率化のための機能を紹介しながら、効率的なデータ管理の手法を解説します。
講師 桑内崇志
日本オラクル株式会社
製品戦略統括本部 GRID/EPM/BIビジネス推進本部 担当シニアマネジャー

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


日本オラクル株式会社
e-mail : eventinfo_jp@oracle.com


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50021081


IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ