”かんばん”方式に対応した財務・会計の見える化

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 中部・北陸 > 愛知県 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/07/11

”かんばん”方式に対応した財務・会計の見える化


NECネクサソリューションズ


”かんばん”方式に対応した財務・会計の見える化のセミナー概要 ”かんばん”方式に対応した財務・会計の見える化の申込み



開催日時

2008年9月11日(木) 14:30〜17:00|申込み締切 2008年9月10日(水)
会  場 Walk In Solution Center 中部
愛知県名古屋市中区錦1-17-1(NEC中部ビル)
市営地下鉄東山線・鶴舞線 伏見駅 9番・10番出口より徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

製造・生産管理 |経営者CIO|全社スタッフ

会員限定で「”かんばん”方式に対応した財務・会計の見える化」の続きが読めます

”かんばん”方式に対応した財務・会計の見える化」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「”かんばん”方式に対応した財務・会計の見える化」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「会計システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「会計システム」関連情報をランダムに表示しています。

「会計システム」関連の製品

国内外子会社の資金を可視化、為替リスクにも対応できる財務管理システムとは 【キリバ・ジャパン】 財務の視点から見る、ITで競争優位を生み出すための7つの注力分野 【キリバ・ジャパン】 経営基盤ソリューション SuperStream-NX 【日立システムズ】
会計システム 会計システム 会計システム
国内外子会社の資金を可視化、為替リスクにも対応できる財務管理システムとは 財務の視点から見る、ITで競争優位を生み出すための7つの注力分野 豊富な実績を誇る国産経営基盤ソリューション。会計・人事給与のシステムは個別導入が可能。また、経営分析ソリューションでリアルタイムに経営状況の可視化を実現する。

「会計システム」関連の特集


簡単さや、動作の速さ・安定性が重要視される同ソフト。2位以下に大きな差を付け、占有率41.3%で1位…



89歳のおじいちゃんがクラウドを使いこなす!?調布市の老舗書店が抱えていた会計システムの問題。それを…



 前回の記事“5分でおさらい!今さら聞けない「マイナンバー」”では、今月配布が始まった「マイナンバー…


「会計システム」関連のセミナー

第5回RPAで経理部門の働き方改革セミナー 【日立システムズ】 締切間近 

開催日 5月23日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

大好評「RPAで経理部門の働き方改革セミナー」の第5回を開催します!「働き方改革」が企業の重要課題である今、その手段の1つとして「RPA(Robotic Pro…

【東京】ZeeM 固定資産管理のご紹介 【クレオ】  

開催日 5月22日(火),6月27日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

【東京】ZeeM 固定資産管理のご紹介〜IFRS対策や物品管理の一元化、予算作成のためのシミュレーションまで〜IFRS対応などを機に、固定資産管理のあり方を見直…

【東京】 ZeeM 会計-管理会計スタートアッププランのご紹介 【クレオ】  

開催日 5月18日(金),6月19日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

【東京】管理会計を素早く強化!〜上場企業にも採用されている「ZeeM 会計」の管理会計スタートアッププランのご紹介〜管理会計の強化を図りたくても、コストや手間が…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

”かんばん”方式に対応した財務・会計の見える化」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「”かんばん”方式に対応した財務・会計の見える化」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50021066


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ