OCRESインターメディエイト対策セミナー

IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/07/09

OCRESインターメディエイト対策セミナー


UML教育研究所


OCRESインターメディエイト対策セミナーのセミナー概要 OCRESインターメディエイト対策セミナーの申込み



開催日時

2008年8月18日(月)〜2008年8月19日(火) 09:30〜17:30|申込み締切 2008年8月11日(月)
会  場 株式会社UML教育研究所 第五会議室
東京都新宿区新小川町6-29アクロポリス東京10F

地図はこちら
参加費

有料 3万1500円(税込)
定 員

4名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|プログラマ

会員限定で「OCRESインターメディエイト対策セミナー」の続きが読めます

OCRESインターメディエイト対策セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「OCRESインターメディエイト対策セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

Mendix App Platform(超高速開発ツール、モデル駆動) 【ビルドシステム】 Web Performer 【キヤノンITソリューションズ】 スマホアプリで関係構築――4つの事例に学ぶ開発/運用の秘訣 【ファストメディア】
開発ツール 開発ツール 開発ツール
ソースコードを記述することなくアプリケーションを作成できる超高速開発ツール。モバイルアプリから、IoT、Cognitive対応のアプリまで、専門知識なしで容易に作成。 ノンプログラミングでJavaのWeb アプリを100%自動生成する、マルチブラウザ対応超高速開発ツール。コーディングの自動化とそれによる品質の均一化により開発期間短縮可能 スマホアプリで顧客と理想的な関係を構築――4つの事例に学ぶ開発/運用の秘訣

「開発ツール」関連の特集


受注した新システムにはハードウェア・ミドルウェアに依存しない移植性の高さが求められ、Javaによる開…



「Java」が浸透したことで、同じオブジェクト指向に基づく設計用言語、UML に注目が集まってきてい…



一見すると同じように見える「超高速開発ツール」ですが、開発するアプリケーションの種類によっても選択肢…


「開発ツール」関連のセミナー

Biz/Browser 製品紹介セミナー 【オープンストリーム】 締切間近 

開催日 1月24日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

Biz/Browserは業務システムをWebシステムとして構築するための「業務システム専用プラットフォーム」です。Webサイトを閲覧するために産まれた「ブラウザ…

Enterprise Architect 事例紹介セミナー 【スパークスシステムズ ジャパン】  

開催日 2月10日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

以前より多くのお客様から頂戴している、弊社製品のUML/SysMLモデリングツール「Enterprise Architectを利用した実際の設計開発の現場におけ…

「長期安定運用システムに求められるツボ!」無料セミナー 【オープンストリーム】  

開催日 2月23日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

株式会社アイティープランナーズ 五島 一輝 代表取締役社長に「長期安定運用システムに求められるツボ!」と題して、ご講演いただきます。また、長期安定運用システムを…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

OCRESインターメディエイト対策セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「OCRESインターメディエイト対策セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50020977


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ