IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 九州・沖縄 > 福岡県 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/07/05

IT基盤セミナー


三菱電機インフォメーションシステムズ/ゼンリン


IT基盤セミナーのセミナー概要 IT基盤セミナーのプログラム IT基盤セミナーの申込み



開催日時

2008年7月16日(水) 13:00〜17:30|申込み締切 2008年7月15日(火)
会  場 アクロス福岡 607会議室
福岡県福岡市中央区天神1-1-1
地下鉄天神駅より徒歩約3分、西鉄バス「市役所北口」下車すぐ

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |経営者CIO|製造・生産管理

会員限定で「IT基盤セミナー」の続きが読めます

IT基盤セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「IT基盤セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

オープンソース統合ID管理 Unicorn ID Manager 【オープンソース・ソリューション・テクノロジ】 特権ID管理 iDoperation(アイディーオペレーション) 【NTTソフトウェア】 プロビジョニング管理システム「D-PLAMS」 【ディライトテクノロジー】
ID管理 ID管理 ID管理
複数システムのID管理情報を一括管理するオープンソースの統合ID管理ソフトウェア。過剰な機能を抑え必要な機能に絞ることで、低価格での提供を実現している。 今求められるIT統制に対応でき、管理(ID貸出、パスワード変更、ログつきあわせ、ID棚卸等)を自動化できる特権ID管理製品。人手作業は利用申請・承認、点検結果確認となる アカウント管理のニーズに柔軟に応えるID管理パッケージ。データのコード体系を選ばず、ほぼすべてのシステムと連携できる。オンプレミスまたはクラウドサービスで提供。

「ID管理」関連の特集


居なくなった人のIDだけが生きている状況。それってマズくないですか?そこでアイデンティティ管理ツール…



金融業を中心に市場が形成された特権ユーザ管理ツール。内部統制を契機に、上場企業で需要が広がる同市場の…



営業秘密の漏洩経路…50.3%が“中途退職者”という事実。複雑化した「特権ID」、見て見ぬふりしてい…


「ID管理」関連のセミナー

クラウド時代のAPI管理/セキュリティ最新動向 【日本オラクル】  

開催日 2月10日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

〜 デジタルビジネス、APIエコノミー、クラウドセキュリティのために 〜ITの力で収益機会を生み出す新たなビジネスモデル『デジタル・ビジネス』への注目が高まって…

IDaaS OneLoginご紹介セミナー 【サイバネットシステム】  

開催日 1月27日(金),2月28日(火),3月22日(水)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

Office 365やSalesforce.com、最近ではBoxやSlackなどのクラウドサービスの導入が企業で進んでいます。企業の業務がクラウド中心になるこ…

Office 365を簡単・安全に利用する方法とは 【サイバネットシステム】  

開催日 1月19日(木),2月22日(水),3月15日(水)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

Office 365の利用が広がる中、どのようにOffice 365の導入を進めていくべきか悩んでいる企業は少なくないようです。従来、企業がOffice 365…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

IT基盤セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IT基盤セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50020910


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ