人事・労務管理リーダーのための「ヒューマンキャピタル研究会」

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/07/03

人事・労務管理リーダーのための「ヒューマンキャピタル研究会」


日立システムアンドサービス


人事・労務管理リーダーのための「ヒューマンキャピタル研究会」のセミナー概要 人事・労務管理リーダーのための「ヒューマンキャピタル研究会」の申込み



開催日時

2008年7月14日(月) 15:00〜17:30|申込み締切 2008年7月10日(木)
会  場 株式会社日立システムアンドサービス本社
東京都港区港南2-18-1 JR品川イーストビル
JR山手線、京浜東北線、東海道線、横須賀線
東海道新幹線 京浜急行 「品川駅」直結

地図はこちら
参加費

無料
定 員

8名
こんな方にオススメ

ネットワークの設計・運用 |その他

会員限定で「人事・労務管理リーダーのための「ヒューマンキャピタル研究会」」の続きが読めます

人事・労務管理リーダーのための「ヒューマンキャピタル研究会」」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「人事・労務管理リーダーのための「ヒューマンキャピタル研究会」」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「人事管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「人事管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「人事管理システム」関連の製品

STAFFBRAIN(人事給与、勤怠管理、ワークフロー) 【電通国際情報サービス】 IT人材不足解消の切り札「外国人エンジニア採用」という選択 【日本サード・パーティ】 FUJITSU Enterprise Application アドオンマイナンバーシステム 【富士通マーケティング】
人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム
1000社の導入実績を持つ統合人事パッケージ。
ユーザニーズに応える柔軟性・拡張性で、ノンカスタマイズ導入が可能。
ITエンジニア不足が深刻化する中、アジア圏を中心とした海外からの人材登用に注目する企業が増えている。成功のため、押さえておくべきことは何だろうか。 マイナンバーの申請・収集・保管及び申告帳票の出力を行うアドオン型のシステム。既存システムとの連携インターフェースを構築することで短期間・低価格の制度対応が可能。

「人事管理システム」関連の特集


タレントマネジメントなどの最新人事管理手法も取り入れたいけれど、制度変更に追従するだけで手一杯? 読…



人事管理システムに関するアンケートを実施!導入のきっかけに満足度、10年後の人事部についてなど変わっ…



こんにちは。吉政創成の吉政でございます。今回の「見落としがちなマイナンバーのこと」は前回、前々回に続…


「人事管理システム」関連のセミナー

データに基づいて離職率を下げる方法を考えます 【日本アイ・ビー・エム】 締切間近 

開催日 7月26日(水)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

特に人材サービスで働かれているみなさま、離職率を下げたい、辞めない人材を採用したい、このようなことでお困りではありませんか?人が辞める→業務が回りにくくなる→新…

働き方改革の前にすべきこと! 【スーパーストリーム】  

開催日 8月25日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

働き方改革として、同一労働同一賃金、時間外労働時間の上限規制、少子高齢化における就業促進等、様々なテーマにおける改革が政府を中心に進んでいます。統合業務パッケー…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

人事・労務管理リーダーのための「ヒューマンキャピタル研究会」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「人事・労務管理リーダーのための「ヒューマンキャピタル研究会」」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50020882


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ