IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/07/03

内部統制対応セミナー


イースクラム


内部統制対応セミナーのセミナー概要 内部統制対応セミナーの申込み



開催日時

2008年7月23日(水) 13:30〜15:15|申込み締切 2008年7月18日(金)
会  場 富士通関西システムラボラトリ 8階 第3応接会議室
大阪府大阪市中央区城見2−2−6
●JR大阪環状線
「京橋駅」および京阪線「京橋駅」より徒歩8分
●地下鉄鶴見緑地線
「大阪ビジネスパーク駅」より徒歩3分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

15名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|全社スタッフ

会員限定で「内部統制対応セミナー」の続きが読めます

内部統制対応セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「内部統制対応セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ワークフロー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークフロー」関連情報をランダムに表示しています。

「ワークフロー」関連の製品

簡単ワークフロー X-point(エクスポイント) 【エイトレッド】 intra-mart ワークフロー 【NTTデータ イントラマート】 手書きの電子サインでペーパーレス化を推進――気になる安全性や有効性は? 【ワコム】
ワークフロー ワークフロー ワークフロー
とにかく簡単! Webブラウザで書類を管理する斬新なスタイルのワークフロー。ノンプログラミングでWebフォームを作成できるなど、利用者の利便性を重視した。 9年連続・国内シェアNo.1のワークフロー基盤。数十万人規模でも利用できるワークフロー基盤でありながら、部門の業務改善にも使える手軽さが特徴。 手書きの電子サインでペーパーレス化を推進――気になる安全性や有効性は?

「ワークフロー」関連の特集


どんな帳票もあっという間に電子化、複雑な承認ルートも大丈夫、運用の手間もかからない、そんなワークフロ…



業務の電子化にとどまらず、基幹系システムとの連携により業務改善やコア業務の生産性に結びつく等、新たな…



2010年度、パッケージの数量で1800本、35億円であった「ワークフロー」市場。同製品のシェアはこ…


「ワークフロー」関連のセミナー

基礎からわかる!intra-mart製品紹介&課題解決セミナー【5月】 【エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】  

開催日 5月19日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

ビジネス変化の激しい昨今、IT活用の目的は、業務改善・コスト削減だけではなく、「ビジネスへの直接的な貢献」へと移り変わってきています。これらを実現させるためには…

BPMソフトってワークフロー、業務パッケージと何がちがうの? 【アシストマイクロ】  

開催日 4月10日(月),4月24日(月),5月8日(月),6月5日(月),6月19日(月)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

「業務を管理するシステム」と聞いたとき、皆さんはどんなソフトウェア製品をイメージされますか?申請業務をペーパーレスにしたり進捗状況がわかるようになるワークフロー…

Notes運用でお困りのお客様 必見!セミナー 【主催:NTTデータビジネスシステムズ/共催:エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】  

開催日 5月26日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

グループウェアの代表格であるLotus Notesをご利用のお客様において、ガバナンス上の懸念や維持運用コスト増加、Notes技術者不足など、色々な課題をご相談…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

内部統制対応セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「内部統制対応セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50020874


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ