Storwize STN-6000シリーズのご紹介と導入事例

IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/06/24

Storwize STN-6000シリーズのご紹介と導入事例


東京エレクトロンデバイス


Storwize STN-6000シリーズのご紹介と導入事例のセミナー概要 Storwize STN-6000シリーズのご紹介と導入事例の申込み



開催日時

2008年7月10日(木) 10:00〜11:30|申込み締切 2008年7月9日(水)
会  場 東京エレクトロンデバイス 新宿オフィス・セミナールーム
東京都新宿区西新宿3-7-1 S34階

地図はこちら
参加費

無料
定 員

40名
こんな方にオススメ

ネットワークの設計・運用 |システムの設計・運用|情報システム部の統括

会員限定で「Storwize STN-6000シリーズのご紹介と導入事例」の続きが読めます

Storwize STN-6000シリーズのご紹介と導入事例」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「Storwize STN-6000シリーズのご紹介と導入事例」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

SSDがオールフラッシュストレージのベストな選択といえるのか? 【日本アイ・ビー・エム】 10ベイ NASサーバ AS7010T 【シー・エフ・デー販売】 ハイブリッド型ストレージ Nimble Storage 【アセンテック】
NAS NAS NAS
SSDがオールフラッシュストレージの“ベスト”な選択といえるのか? 大容量で高い性能でありながら、非常にコンパクトなサイズで低価格であるため、大企業のみならず中堅・中小レベルでも導入しやすいNAS。 フラッシュメモリを最適に活用する独自技術「CASL」により高速性とコスト効率を両立するハイブリッド型ストレージ。2010年の発売からわずか3年で世界の1750社が導入。

「NAS」関連の特集


量販店で売れている人気製品はどれ?今月はネットワークストレージの売れ筋を調査!



NASやSANストレージどちらのプロトコルにも対応できる「ユニファイドストレージ」。様々な場面で利用…



部門に乱立するファイルサーバー。サーバー管理もバックアップも手間…こんな悩みを一揆に解決するのが今回…


「NAS」関連のセミナー

NetApp Innovation 2017 tokyo 【ネットアップ】  

開催日 2月2日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

弊社ではあらゆるIT 戦略に高い付加価値をもたらすことができるデータ管理のビジョン「データ ファブリック」を提唱しております。本イベントでは最新の戦略や技術情報…

NetApp Innovation 2017 Osaka 【ネットアップ】  

開催日 2月21日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

弊社ではあらゆるIT 戦略に高い付加価値をもたらすことができるデータ管理のビジョン「データ ファブリック」を提唱しております。本イベントでは最新の戦略や技術情報…

NetApp Innovation 2017 Nagoya 【ネットアップ】  

開催日 2月15日(水)   開催地 愛知県   参加費 無料

弊社ではあらゆるIT 戦略に高い付加価値をもたらすことができるデータ管理のビジョン「データ ファブリック」を提唱しております。本イベントでは最新の戦略や技術情報…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Storwize STN-6000シリーズのご紹介と導入事例」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Storwize STN-6000シリーズのご紹介と導入事例」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50020748


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ