IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合ログ管理 > 統合ログ管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/06/17

最新版Logstorageのご紹介


インフォサイエンス


最新版Logstorageのご紹介のセミナー概要 最新版Logstorageのご紹介の申込み



開催日時

2008年6月19日(木) 14:00〜16:00|申込み締切 2008年6月18日(水)
2008年6月26日(木) 14:00〜16:00|申込み締切 2008年6月25日(水)
2008年7月3日(木) 14:00〜16:00|申込み締切 2008年7月2日(水)
会  場 インフォサイエンス株式会社 セミナールーム
東京都港区芝浦2-4-1
JR田町駅東口より徒歩約 10分
都営浅草線 三田駅より徒歩約 10分
都営三田線 三田駅より徒歩約 10分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

各10名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|システムの設計・運用

会員限定で「最新版Logstorageのご紹介」の続きが読めます

最新版Logstorageのご紹介」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「最新版Logstorageのご紹介」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「統合ログ管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合ログ管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合ログ管理」関連の製品

ログ管理ツール『ALog SMASH』 【網屋】 内部ネットワーク監視ソリューション「VISUACT」 【ギガ+他】 情報漏えい対策とIT資産管理を統合、Windows/Mac混在環境に適した監視ツール 【インターコム】
統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理
サーバにある重要データに「いつ、誰が、何をしたか」を記録する製品。対象サーバに直接インストールするため、ログサーバが不要。PCへのエージェントインストールも不要。 ・ファイルサーバのアクセスログを生成する
・内部ネットワークに侵入したマルウェアの拡散活動を記録する
標準機能が充実したセキュリティ監視ツール WindowsとMacの両方に対応

「統合ログ管理」関連の特集


昨今の重大な情報漏洩事件や被害事例に鑑み、システムには新しい脅威に対抗できる策が求められています。脅…



「金融商品取引法」「内部統制報告制度」がキーワードとして脚光を浴びた時代から数年、内部不正への対策の…



情報漏洩対策を万全にすると、一方で不便になってしまうもの…。自由度を維持したまま、漏洩対策を行う技術…


「統合ログ管理」関連のセミナー

標的型攻撃対策の見直しポイント発見セミナー 【主催:アシスト 】  

開催日 11月22日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

巧妙化する標的型攻撃には、マルウェア侵入を前提とした多層防御が必要です。多層防御には、何を実施し何を実施しないかの取捨選択が常に必要となります。本セミナーでは、…

標的型攻撃対策の見直しポイント発見セミナー 【主催:アシスト 】  

開催日 12月15日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

巧妙化する標的型攻撃には、マルウェア侵入を前提とした多層防御が必要です。多層防御には、何を実施し何を実施しないかの取捨選択が常に必要となります。本セミナーでは、…

標的型攻撃対策の見直しポイント発見セミナー 【主催:アシスト 】  

開催日 10月4日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

巧妙化する標的型攻撃には、マルウェア侵入を前提とした多層防御が必要です。多層防御には、何を実施し何を実施しないかの取捨選択が常に必要となります。本セミナーでは、…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

最新版Logstorageのご紹介」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「最新版Logstorageのご紹介」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50020630


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合ログ管理 > 統合ログ管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ