情報漏えい対策とスパム対策への取り組み

IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > フィルタリング > フィルタリングのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/06/12

情報漏えい対策とスパム対策への取り組み


富士通/トレンドマイクロ


情報漏えい対策とスパム対策への取り組みのセミナー概要 情報漏えい対策とスパム対策への取り組みのプログラム 情報漏えい対策とスパム対策への取り組みの申込み



開催日時

2008年7月4日(金) 14:00〜16:20|申込み締切 2008年7月3日(木)
会  場 Platform Solution Center
東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル30階
JR山手線・京浜東北線/東京モノレール「浜松町駅」より2階コンコースで直結

地図はこちら
参加費

無料
定 員

40名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|経営者CIO
参加者特典
ウイルスバスター2008、USB HUBが抽選で当たります。

会員限定で「情報漏えい対策とスパム対策への取り組み」の続きが読めます

情報漏えい対策とスパム対策への取り組み」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「情報漏えい対策とスパム対策への取り組み」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「フィルタリング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「フィルタリング」関連情報をランダムに表示しています。

「フィルタリング」関連の製品

Webフィルタリングソフト InterSafe WebFilter 【アルプス システム インテグレーション】 モバイルWebブラウザアプリ 「CLOMO SecuredBrowser」 【ソフトバンク コマース&サービス】 Web Security Gateway(旧 Web Filter) 【バラクーダネットワークスジャパン】
フィルタリング フィルタリング フィルタリング
Webの閲覧やSNS、Webメール等の利用を規制・管理するソフトウェア。携帯キャリア独占の高品質データベースと使いやすさにこだわったログ分析機能を搭載。 「CLOMO SecuredBrowser」を利用することで、業務外サイトの閲覧制限や操作・閲覧履歴の取得、一括ポリシー設定などが可能。モバイルのセキュリティを手間なく強化できる。 コンテンツフィルタリング、アプリケーション防御、マルウェアプロテクションを1台で行える統合型ソリューション。

「フィルタリング」関連の特集


企業のインフラを圧迫する“悪の権化”スパムメールを排除できるスパム対策ツール。スパム撲滅に立ち向かう…



新型コミュニケーションとして定着したブログ。最近このブログの利便性を脅かす「コメントスパム」が増加し…



製品の種類が主に3つに分かれる「スパム対策ツール」。それぞれメリット/デメリットがあり運用時の工数や…


「フィルタリング」関連のセミナー

巧妙化する標的型攻撃に必要な対策とは 【主催:アシスト 】 締切間近 

開催日 7月26日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

巧妙化する標的型攻撃を完全に"防御"することは難しいため、マルウェアに侵入されることを前提とした多層防御が必須となります。ただセキュリティ対策にかけられる資源は…

巧妙化する標的型攻撃に必要な対策とは 【主催:アシスト 】  

開催日 8月29日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

巧妙化する標的型攻撃を完全に"防御"することは難しいため、マルウェアに侵入されることを前提とした多層防御が必須となります。ただセキュリティ対策にかけられる資源は…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

情報漏えい対策とスパム対策への取り組み」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「情報漏えい対策とスパム対策への取り組み」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50020579


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > フィルタリング > フィルタリングのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ