内部統制システム管理基準の読み解き方

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/05/16

内部統制システム管理基準の読み解き方


NECネクサソリューションズ/オービックビジネスコンサルタント


内部統制システム管理基準の読み解き方のセミナー概要 内部統制システム管理基準の読み解き方の申込み



開催日時

2008年5月28日(水) 14:00〜16:00|申込み締切 2008年5月28日(水)
会  場 Walk In Solution Center 東京
東京都港区三田1-4-28(三田国際ビル1階)
都営地下鉄大江戸線 赤羽橋駅 赤羽橋出口より徒歩3分
都営地下鉄三田線 芝公園駅 A2出口より徒歩8分
JR山手線・京浜東北線 田町駅 三田口(西口)より徒歩13分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|全社スタッフ

会員限定で「内部統制システム管理基準の読み解き方」の続きが読めます

内部統制システム管理基準の読み解き方」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「内部統制システム管理基準の読み解き方」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「会計システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「会計システム」関連情報をランダムに表示しています。

「会計システム」関連の製品

経費精算ワークフロー for SuperStream-NX 【キヤノンITソリューションズ】 面倒な経費精算にかかる時間を大幅削減、14社に学ぶ精算業務の改善策 【マネーフォワード】 MJSLINK NX-I 【ミロク情報サービス】
会計システム 会計システム 会計システム
会計・人事ソリューションSuperStreamと連携して利用でき、将来的な拡張も可能な経費精算の申請・精算のソリューション。 面倒な経費精算にかかる時間を大幅削減、14社に学ぶ精算業務の改善策 上場準備を支えた影に会計システムあり。きめ細かな訪問指導で問題も解決。

「会計システム」関連の特集


 2016年7月13日〜15日、東京ビッグサイトで開催された「総務・人事・経理ワールド2016 会計…



人材難の中小企業にとってすべてを自社で処理するのは難しい。そこで注目されるのが税理士など外部の専門家…



 前編「タクシー配車アプリからそのまま経費精算、コンカーが描く未来」では、これまでどうしても紙に頼ら…


「会計システム」関連のセミナー

第2回RPAで経理部門の働き方改革セミナー 【日立システムズ】  

開催日 11月17日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

大好評「RPAで経理部門の働き方改革セミナー」の第2回を開催します!「働き方改革」が企業の重要課題である今、その手段の一つとして「RPA(Robotic Pro…

経理で始める「働き方」改革の実例 【スーパーストリーム】  

開催日 11月17日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

「SuperStream-NX」は、20年以上お客様を始めとしたマーケットの声に耳を傾け、8400社以上のお客さまにご活用頂ながら機能を磨き続けてきた経営基盤ソ…

触って体感できる!SuperStream-NX Ver.2.0 ハンズオンセミナー 【スーパーストリーム】 締切間近 

開催日 10月23日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

経営基盤ソリューション「SuperStream-NX」の最新バージョンとなる「SuperStream-NX Ver.2.0」では、これまで培われてきた現場の知見…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

内部統制システム管理基準の読み解き方」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「内部統制システム管理基準の読み解き方」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50020125


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ