経営戦略と業務現場とのギャップを埋めるマネジメントBI

IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/05/16

経営戦略と業務現場とのギャップを埋めるマネジメントBI


アシスト


経営戦略と業務現場とのギャップを埋めるマネジメントBIのセミナー概要 経営戦略と業務現場とのギャップを埋めるマネジメントBIの申込み



開催日時

2008年6月12日(木) 15:00〜17:00|申込み締切 2008年6月11日(水)
会  場 アシスト市ヶ谷セミナールーム
東京都千代田区九段北4-2-1 市ヶ谷東急ビル
都営地下鉄 新宿線 市ヶ谷駅 A4出口より徒歩1分
JR 市ヶ谷駅 より徒歩4分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|その他

会員限定で「経営戦略と業務現場とのギャップを埋めるマネジメントBI」の続きが読めます

経営戦略と業務現場とのギャップを埋めるマネジメントBI」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「経営戦略と業務現場とのギャップを埋めるマネジメントBI」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

Excelをドラッグ&ドロップで分析を開始できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】
BI BI BI
専用クライアント不要。ブラウザベースで「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え分析結果を組織内で自由に共有することが可能。 BIツール徹底攻略ガイド――基礎から学ぶ導入と活用のポイント 知識がなくても様々な角度から分析が可能、全社員が活用できるBIとは?

「BI」関連の特集


BI導入の“失敗例”でよく聞くのが「活用されていない」という声。そんな声に対応し、現在のBIツールは…



経営戦略に欠かせない経営データの集計、可視化、戦略の検討……ユーザー部門などの現場で簡単に確認できる…



「一太郎」や「ATOK」を筆頭に、現在では各種集計・検索ソリューション、更にはBI製品なども展開して…


「BI」関連のセミナー

IoT・BIで現場はこう変わる。そのためのはじめの一歩 【シナプスイノベーション/ウイングアーク1st】 締切間近 

開催日 12月14日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

トップダウンで「製造現場にIoTを活用せよ」「見える化を推進せよ」と号令がかかったものの、「何から手を付けていいかわからない」「相談できる業者がいない」などのお…

特長も操作もハッキリ分かる!中堅中小企業向けBI紹介セミナー 【エヌジェーケー】  

開催日 12月5日(火),12月19日(火),1月23日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

DataNature Smartは…現場担当者や経営者それぞれのニーズに応じたアドホックなデータ活用から定型的な分析・集計までを、ボタンをクリックするだけの簡単…

BIツール・BOARD体験セミナー 【日本ラッド】  

開催日 1月25日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

初めてBIツールを検討される方へ求めているBIツールが見つからない方へ既存のBIツールにご満足されていない方へBIツール・BOARDを使って、もっと自由に!もっ…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

経営戦略と業務現場とのギャップを埋めるマネジメントBI」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「経営戦略と業務現場とのギャップを埋めるマネジメントBI」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50020111


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ