NTTデータの要求定義方法論「MOYA」紹介セミナー

IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/05/14

NTTデータの要求定義方法論「MOYA」紹介セミナー


NTTデータ


NTTデータの要求定義方法論「MOYA」紹介セミナーのセミナー概要 NTTデータの要求定義方法論「MOYA」紹介セミナーの申込み



開催日時

2008年6月13日(金) 14:00〜16:00|申込み締切 2008年6月10日(火)
会  場 NTTデータ プレゼンテーションスペース INFORIUM プレゼンテーションルーム
東京都千代田区霞が関3-2-5霞が関ビル30F

地図はこちら
参加費

無料
定 員

12名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |営業・販売

会員限定で「NTTデータの要求定義方法論「MOYA」紹介セミナー」の続きが読めます

NTTデータの要求定義方法論「MOYA」紹介セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「NTTデータの要求定義方法論「MOYA」紹介セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

Web Performer 【キヤノンITソリューションズ】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 UnitBase 【ジャストシステム】
開発ツール 開発ツール 開発ツール
ノンプログラミングでJavaのWeb アプリを100%自動生成する、マルチブラウザ対応超高速開発ツール。コーディングの自動化とそれによる品質の均一化により開発期間短縮可能 専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。 脱Excelの選択肢、専用パッケージと汎用DBツールのどちらがベスト?

「開発ツール」関連の特集


一時期の過熱したブームが過ぎ去ったUMLツール。喧騒の後、どんな進化を遂げてきたのか。今、その実力を…



一見すると同じように見える「超高速開発ツール」ですが、開発するアプリケーションの種類によっても選択肢…



UML準拠は当たり前、今やBPMNやSysMLなどの周辺規格サポート状況が大きなウエイトを占めるよう…


「開発ツール」関連のセミナー

SI限定: Liferay開発の「再利用」で広がる新ビジネス獲得法 【日本ライフレイ】 締切間近 

開催日 2月23日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

ガートナーによるDXP対象の2018年最新レポートにて、Adobe社やIBM社と並んで「リーダー」の評価を受けたLiferay DXP。企業内ポータル(EIP)…

【SER-4】Ranorexハンズオンセミナー(大阪) 【テクマトリックス】 締切間近 

開催日 2月23日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

サンプルWebアプリケーションのテストを中心に、Ranorexによる機能テストの方法をハンズオン形式で学びます。セミナーを通して、Ranorexの基本機能と操作…

IBM i ユーザーのための "EOS対策セミナー" 【JBCC】 締切間近 

開催日 2月22日(木)   開催地 神奈川県   参加費 無料

昨今のビジネス環境変化の激しさが増す中、IBM i のEOSが発表されました。これまで運用の容易性や堅牢性からこのシステムを長く利用されている企業様は多いかと思…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

NTTデータの要求定義方法論「MOYA」紹介セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「NTTデータの要求定義方法論「MOYA」紹介セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50020049


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ