NTTデータの要求定義方法論「MOYA」紹介セミナー

IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2008/05/14

NTTデータの要求定義方法論「MOYA」紹介セミナー


NTTデータ


NTTデータの要求定義方法論「MOYA」紹介セミナーのセミナー概要 NTTデータの要求定義方法論「MOYA」紹介セミナーの申込み



開催日時

2008年6月13日(金) 14:00〜16:00|申込み締切 2008年6月10日(火)
会  場 NTTデータ プレゼンテーションスペース INFORIUM プレゼンテーションルーム
東京都千代田区霞が関3-2-5霞が関ビル30F

地図はこちら
参加費

無料
定 員

12名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |営業・販売

会員限定で「NTTデータの要求定義方法論「MOYA」紹介セミナー」の続きが読めます

NTTデータの要求定義方法論「MOYA」紹介セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「NTTデータの要求定義方法論「MOYA」紹介セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

自社アプリで集客/購買を促進 開発から顧客育成まで一気に実現 【ファストメディア】 業務システム開発の部品組み立て型開発基盤 「楽々Framework3」 【住友電工情報システム】 スマホアプリで関係構築――4つの事例に学ぶ開発/運用の秘訣 【ファストメディア】
開発ツール 開発ツール 開発ツール
自社アプリで集客/購買を促進――スキル不要で開発から顧客育成まで一気に実現 データ中心設計(DOA)による徹底した標準化により、開発、保守工程の生産性向上を支援する部品組み立て型の開発基盤。小規模開発から大規模基幹システムまで幅広く対応。 スマホアプリで顧客と理想的な関係を構築――4つの事例に学ぶ開発/運用の秘訣

「開発ツール」関連の特集


プログラミングスキルがなくても業務アプリを作成できることが特徴の「ノンプログラミングWebアプリ開発…



ソフトウェア開発を効率的かつ高品質に行うために欠かせない構成・変更管理ツール。基礎をおさえてデグレー…



一時期の過熱したブームが過ぎ去ったUMLツール。喧騒の後、どんな進化を遂げてきたのか。今、その実力を…


「開発ツール」関連のセミナー

「長期安定運用システムに求められるツボ!」無料セミナー 【オープンストリーム】  

開催日 2月23日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

株式会社アイティープランナーズ 五島 一輝 代表取締役社長に「長期安定運用システムに求められるツボ!」と題して、ご講演いただきます。また、長期安定運用システムを…

“Excelでどこまでできるか”「StiLL」体験セミナー 【アイエルアイ総合研究所】  

開催日 2月7日(火),2月21日(火),3月7日(火),3月7日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

Excelプラットフォームプログラム開発ツール『StiLL』のプログラム作成体験セミナーです。システム化ソリューション実現を “Excelと開発ツール「StiL…

Unifaceカンファレンス2017 【FCS】  

開催日 2月7日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

基幹業務システム、Webサービス、さらにはERPと連携するアドオン等を効率よく開発するフレームワークとして、世界で約4000社の実績があるシステム統合開発環境「…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

NTTデータの要求定義方法論「MOYA」紹介セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「NTTデータの要求定義方法論「MOYA」紹介セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50020049


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ